2012年01月08日

川崎病の患児、6年連続で1万人越えと全国で急増している。

川崎病、全国で急増 6年連続1万人超え

 乳幼児がかかる原因不明の難病「川崎病」の平成22年の患者数が1万2755人と17年から6年連続で1万人を超え、長期的な流行になっている可能性があることが17日、日本川崎病研究センターの調査で分かった。0〜4歳の人口10万人あたりの発病率を示す罹患zzzzzz率は239・6人と調査開始以来最高を記録。医療関係者は警戒を強めている。

 全国調査は、昭和45年から2年に1度実施。過去に全国規模の流行があったのは、昭和54年(6867人)▽57年(1万5519人)▽61年(1万2847人)の3回。その後は5千〜6千人台で推移していたが、平成10年ごろから増加傾向が顕著になった。

 0〜4歳の人口10万人あたりの罹患率は、最も患者数の多かった昭和57年でも196・1人で、昨年の罹患率はこれを大幅に上回っている。

 調査を担当した自治医科大の中村好一教授(疫学)は「過去の3度の流行は短期間に患者数が増えたが、最近はジワジワと増加しており、長期的な流行になっている可能性がある」と分析している。

 これまでの研究では川崎病は日本人や日系人、東洋人に多く、1歳前後を中心とする小児に多いことが分かっている。しかし、原因が未解明のため予防法はなく、治療はそれぞれの症状を鎮めるための対症療法が中心のままだ。

 子供の後天性心疾患では、川崎病が原因のケースが最も多い。川崎病の子供を持つ親の会の浅井満代表(63)は「原因が分かれば、診断も早くなるだろうし、もっと効果の高い治療法も出てくる。早く原因を究明してほしい」と話す。

 小児科医の川崎富作氏が昭和42年に報告した原因不明の疾患。全身の血管が炎症を起こし、高熱や発疹といった症状がでる。重症化した場合は心臓の冠動脈瘤などの重い合併症が起こるため、重症化をどう防ぐかが大きな課題となっている。



川崎病 ステロイド併用有効 北里大

 川崎病で重症化する可能性の高い患者に対し、従来行われている血液製剤療法とあわせ、ステロイドを投与する療法を併用することで治療効果が上がることが、北里大学医学部の石井正浩教授の研究チームの報告で分かった。米・医学誌の電子版で発表した。

 現在、重症化リスクが高い患者には心臓の冠動脈障害を防止するため免疫グロブリンを静脈投与する治療法が行われている。ただ患者全員に効果があるわけではなく、投与後も冠動脈障害が起こることがあった。

 石井教授の研究チームは、重症化リスクを判断する「スコアリングシステム」を使い、平成19年4月から22年11月までに北里大病院を受診した患者のうち、重症化リスクの高い48例を、免疫グロブリン療法のみを行うグループと、ステロイドを点滴で2時間投与する治療法を併用するグループに分別した。その結果、併用グループは治療後36時間で、冠動脈の大きさが小さくなり、1カ月後には左の冠動脈の拡大が抑えられるなど、併用22例のうち19例で免疫グロブリン療法だけの治療より効果が上がったことが確認された。



 何で増えているんでしょうかね?未だに謎の病気ですが、そろそろ解明できないかなぁー。

 冠動脈瘤が出来るっていうところが、なかなか難しいというか、予後が悪いというか…。なんとかなればいいんですがねー。

医学処:川崎病の患者が2年連続で1万人を超す
医学処:川崎病の原因は複数の細菌だった?抗菌薬で治療に成功。


広告
posted by さじ at 06:41 | Comment(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。