2012年01月08日

iPS細胞から血小板を大量に作り出す事に京大&東大が成功する

iPSから大量に血小板 京大が初、がん患者らへの輸血に

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、体外で血小板のもとになる細胞を大量に作り出す手法を京都大iPS細胞研究所の江藤浩之教授(再生医療)らと東京大のチームが開発し、米国血液学会で12日、発表する。

 止血する機能を持つ血小板は輸血に利用され、献血で集められているが、血液は不足傾向。もとになる細胞は無限に増やせ、血小板の安定供給につながる。チームはこの細胞を保存するバンクをつくり、繰り返し輸血が必要な血液がんや骨髄の機能が低下する再生不良性貧血の患者らへの使用を目指す。



 これ結構凄い。献血しなくても、血小板輸血がすぐ出来るようになるかも。

 血小板ってのは血を止める小さな小さな円盤みたいなもんなんですけど、すぐ固まってしまうので、2週間ぐらいしか保存が利きません。10日ぐらいが寿命と言われています。消耗品です。

 で、血小板輸血をしなければいけない人がいるんですけど、そのときに使う血小板が、現在不足気味なんですわ。

 そんな中素晴らしいこのニュース。でも臨床応用まで時間かかりそうなのでみなさん献血して下さいね。


広告
posted by さじ at 03:01 | Comment(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。