2006年09月26日

カルシウムを大量に摂ると、大腸がんのリスクが減る

カルシウム多量に取ると大腸がんリスク3割減

 牛乳や小魚に含まれるカルシウムを毎日たくさん取ると、大腸がんになる危険性が約30%低下することが、九州大学の古野純典教授と国立国際医療センター研究所の溝上哲也部長らの大規模な疫学調査で分かった。28日から横浜市で始まる日本癌学会で発表する。

 大腸がんは欧米型の食生活が浸透し国内でも患者が急増、毎年約9万人が発病し、約4万人が死亡する。がんの部位別死亡数で見ると女性でトップ、男性だと第4 位。明確な予防効果が確認された食物はこれまでなかった。

 調査は2000年から03年にかけ、福岡市と近郊にある8病院に入院中の大腸がん患者840人と同地域で暮らす健康な住民833人を対象に実施した。普段食べている食品の種類と量を聞き取り、カルシウムやそのほかの栄養素の摂取量と大腸がんとの関係を調べた。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 あまり知られていないことですが、女性のがん死亡率で一番高いのは大腸癌です。

 日本人はカルシウム不足な傾向にあるので、できるだけ補うようにして下さい。できれば吸収率の高いもの、その他栄養素の豊富な食品で取るとより良いと思われます。

関連
医学処 食物繊維をとらない女性は、大腸がんになりやすい
医学処 CRPが高いほど大腸がんになりやすいことが判明
医学処 若い頃カルシウムを摂らず股関節骨折になる人が激増
医学処 カルシウムサプリメントは骨粗鬆症の予防にはならない


広告
posted by さじ at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。