2006年09月23日

脳を電気で刺激すると、誰かが後ろに立っているような気がする

脳の一部分に刺激を与えると、「誰かに見られている感覚」に陥る

 脳のある一部分に刺激を与えると、その人は誰もいないのに誰かが自分を見ているような感覚に陥ることが分かったという。

 これはスイスの研究者らが、てんかんを患う若い女性の治療を行っていた際に発見した現象で、統合失調症の患者を苦しめるパラノイア(妄想)について、何らかの説明ができる発見ではないかとされている。

 この女性患者に対し、左側頭葉と頭頂葉の境界にあたる部分に電気で刺激を与えたところ、「誰かが後ろに立っている気配がする」と彼女は答えたという。また、前かがみで膝を抱いた姿勢で同様の刺激を与えると、彼女は「何か黒い影が自分を包み込んでいるような感じがする」と不快感を訴えたそうだ。

 研究者の一人、オラフ・ブランケは「精神医学の分野において、パラノイアなどの病状を解明する一つの手がかりになるかもしれません」とネイチャー誌で述べている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 誰でしたっけね、もう随分昔の実験で、患者の脳をむき出しにして、電極を当てる実験をした人。脳は痛みがないので局所麻酔をして頭蓋骨を外したため患者は勿論意識があって。電極を当てると、その人は今までの記憶が走馬灯のように駆け巡ったとか何とか。

 未知の領域はまだまだ深いようです。

関連
医学処 なぜ抗うつ薬はニューロンを増加させるのか
医学処 抗生物質ミノサイクリンが覚せい剤中毒やパーキンソン病に効く
医学処 神経細胞の活動を知る新たな手法を京大グループが開発
医学処 認知症に、脳を活性化させる塗り絵を


広告
posted by さじ at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。