2006年09月23日

キノコやワインに含まれるエリスリトールが歯垢を分解する

歯垢を分解する糖類、果物やワインに 花王研究所が発見

 果物やキノコ、ワインなどに含まれている糖類の一種「エリスリトール」に、虫歯や口臭の原因となる歯垢を分解しやすくする働きがあることを、花王の研究者らが見つけた。歯ブラシやうがいの水流程度でも、歯垢がはがれやすくなるような効果が期待できるという。22日に横浜市で始まった歯科基礎医学会で発表した。

 口の中には虫歯につながる病原菌と、いわゆる善玉の細菌などが混在する。こうした細菌が増えて、食べかすなどをエサにして絡み合い、歯につくと、取れにくい歯垢となる。唾液の清浄作用が細菌の増殖を抑えることは知られているが、詳しい仕組みは分かっていないという。

 唾液の働きを研究していた花王ヘルスケア研究所の前田晃嗣室長、矢納義高主任研究員らは、メロンやナシなどの果物や、しょうゆ、みそ、ワインなどの発酵食品に含まれるエリスリトールが、唾液と同じように細菌同士の結合をゆるくする働きを持つことを見つけた。再現した歯垢にエリスリトール水溶液をかけると、歯ブラシが触れなくても、ブラシが起こす水流を再現した超音波があたるだけで、歯垢がはがれるようになった。エリスリトールを使わずに超音波をあてるのに比べ、歯垢は約3分の1まで減っていた

 前田さんは「エリスリトールは、殺菌剤も入れない歯垢内部まで浸透できることを確かめた。細菌同士の結合構造を変化させてゆるめ、ブラッシングなどの小さな圧力で落とせるようになるようだ」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 研磨剤としての歯磨き粉の役割の、全般的な見直しが始まりつつあるようですが、何もつけないで磨くよりエリスリトールを使用したほうが良いのかもしれません。このエリスリトール自体が虫歯の原因にさえならなければ、画期的歯周病予防剤になりそうです。

関連
医学処 歯の成分を高速で吹き付けることで虫歯も元通りになる技術
医学処 日本人の2割は、80歳でも自分の歯をしっかり持っている
医学処 2割の父親が、娘に口が臭いことを指摘されて歯医者に
医学処 歯髄細胞を刺激してエナメル質を増やす合成蛋白「デントニン」


広告
posted by さじ at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。