2006年09月23日

戦争と虫歯を話し合う、軍所属の歯科専門家サミット

軍の歯科専門家、中国で「戦争の虫歯」を話し合う

 中国陜西省に世界25カ国から軍の歯科専門家240人以上が集まり、「戦争の虫歯」や「大量感染兵器」をどう治療するかという問題を話し合った。

 新華社通信によると、省都西安で開催された「2006年世界軍事歯科会議」は単純な軍事演習ではなかった。出席した専門家たちは、歯科医療サービスの準備、野戦における装備機器、歯科的負傷の治療など様々な問題を話し合った。

 米陸軍の歯科専門家、ティモシー・ジョーンズ中佐は「現代の軍において、歯科医療サービスは極めて重要です。あらゆる国、あらゆるタイプの兵士、あらゆる軍事分野において歯科関連の疾病が発見されたからです」と語った。

 統計によると、軍関係者の20%が1年間の勤務の後、ひどい歯科的疾病にかかるという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 戦争と虫歯…。トンデモ本にありそうな項目ですが、彼らは至って大真面目。そう、戦争とは敗北の余地が一点でもあってはならないのです。例え虫歯1つといえど、士気を落とすには充分すぎるほど。

 裏方ではこんなことにも精を注いでいるんだ、というお話。

虫歯関連:医学処 歯科カテゴリー


広告
posted by さじ at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。