2006年09月21日

カルシウムサプリメントは骨粗鬆症の予防にはならない

カルシウム・サプリに骨強化の効果はない=英医学誌

 英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」(BMJ)の電子版に掲載された研究によると、カルシウムのサプリメントを服用しても、骨粗しょう症の予防には役に立たないとの結果が出た。

 研究は、3歳から18歳の約2900人の健康な子供を対象に行われた。少なくとも3カ月間、カルシウムのサプリメントを与え続けたグループに、その後6カ月以上にわたって骨の状態のモニターを実施した。その結果、サプリメントを摂取した子供の上肢の骨の密度は、サプリメントを取らなかったグループのそれを、わずか1・7%上回ったに過ぎなかった

 上肢ではそれでも多少の恩恵があったが、それ以外の部分、とりわけ、年を取ると折れやすくなるでん部や脊柱の下部などでは、全く効果が見られなかった。研究は、上肢で見られた程度の効果では、子供の時やその後を問わず、骨折の危険性が減ることはまずないだろうと指摘している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 骨密度には確かにカルシウムが関与していますが、それを左右するのはパラソルモン、活性化ビタミンD、カルシトニンといったホルモンのバランスですよね。

 だからといってカルシウム摂取不足な人は多いと思うし、そういう人は将来骨粗鬆症になる可能性が非常に高いと思うんで、栄養が偏っていると思う人はサプリメントで補うことが必要になってくると思います。

関連
医学処 グルタミン酸が破骨細胞を抑制することで骨粗鬆症を防ぐ
医学処 アンギオテンシンIIは破骨細胞を活性化させて骨粗鬆症を引き起こす
医学処 若い頃カルシウムを摂らず股関節骨折になる人が激増
医学処 妊婦や子供には大豆イソフラボンを摂らせすぎないほうが良い


広告
posted by さじ at 22:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
3ヶ月で1.7%って
10年続けたら、単純計算で96%増加になりますよ。
たとえ必要な部位に蓄積されないとしても、
他の部位に蓄積されたものが、
老化に伴う現象に影響を及ぼさないとも思えない。
実験期間が短すぎると思う。
Posted by 通りすがり at 2011年05月20日 01:00
物質相互間コミュニケーションそれは、主観的でない反対を選択して系統的に通じ合いイタリア、ロマーニ経済発展相と共に、しかし愛は子供過ぎず、絶えず大きくなるシェイクスピア『ソネット』文節にて
Posted by みか at 2011年05月20日 09:16
>10年続けたら、単純計算で96%増加になりますよ。

そう単純なものでもなかろう。
Posted by   at 2011年05月20日 10:25
だからシルヴィアの事を歌いましょう、彼女は並の子ではない、つまらぬ地上に住んでいる、どんな人間よりも素晴らしい、と。花輪をみんなで捧げましょう。ー『ヴェローナの二紳士』シェークスピア詩集イタリア ロマーニ経済発展相と共に
Posted by みか at 2011年06月24日 10:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。