2006年09月16日

南相馬市立総合病院で10月から夜間の小児救急診療を強化

小児夜間診療強化へ/7時から10時まで/南相馬市立総合病院

 南相馬市立総合病院は10月中旬にも、夜間の小児救急患者の診療体制を強化する。午後7時から同10時まで診療する。協力する相馬郡医師会の医師らが365日体制で診察する計画で、市は9月定例議会に医師への報酬など今年度の必要経費約890万円の補正予算案を提出する。

 同病院はこれまで、夜間の小児救急患者は当直医が診療していたが、小児の医療環境充実を図るため夜間診療体制の強化を計画した。郡医師会の医師ら22人が協力する意向で、医師は毎日1人ずつ輪番で診療する

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 言うのはらくだが…医師の負担が尋常じゃなくなりそうです。特に小児救急にはマンパワーが必要ですからね。

 ですが、絶対に必要な処です。夜間も行うと決めたのは素晴らしいことだと評価できます。医療従事者側が努力しているのですから、それを「守る」ことは、市民が努力すべきところだと思います。

関連:医学処 奉仕している医療従事者が叩かれている日本に医療の明日はない


広告
posted by さじ at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。