2006年09月14日

大分大学医学部、学士偏入学者に地域枠を設ける

大分大:医学部の学士編入学、地域枠「3」設定へ−−来年度 /大分

 大分大医学部が来年度、学士編入学(定員10人)で県内高校や大学出身者を入れる地域枠(3人)を設ける。広瀬勝貞知事が13日の9月定例県議会本会議で明らかにした。県は対象者への奨学金制度を創設する方針で、県と大分大が医師不足解消に向けて連携する。

 大分大医学部の学士編入学は、他学部を卒業した人が2年生後期に入る制度。地域枠は県内の高校や大学の卒業者が対象。将来、県内に定着する医師を増やすのが狙い。県によると、全国16県の大学で医学部の入試に地域枠を設けている(大分大はなし)が、学士編入学で設けるのは珍しいという。学士編入学は01年度に始めたが、これまで県内出身者の合格は2人のみで、ほとんどが県外出身者という。

 県は学士編入学者に入学金や授業料、生活費を貸与する奨学金制度を創設する方針。返還を免除する条件などについて今後詰める。

 県によると、医師は大分、別府両市に多く、日田・玖珠、臼津地区(臼杵市、津久見市)で少ないという。県は今年度、県立三重病院(豊後大野市)に地域医療部を設け、医師がへき地診療に当たる予定だったが、医師を確保できないままとなっている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 学士入学者のほうがモチベーションが高いというところを狙っての試みでしょうか。普通に医学部に進学する人より、医者になるということについて考えられなければ、他学部に変更することなんてできやしませんからね。微妙なところですが。地元に根付く医者育成には向いているかもしれません。受験生にとってみれば地域枠が増えるわけですから、ありがたい話ではありませんね。

関連
医学処 第100回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
医学処 第100回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
医学処 県立新潟高校で医歯薬コースを導入。地元医師を増やす狙い
医学処 岩手医科大学が入学定員数を20人増加。でも県内出身者限定
医学処 国立大学医学部の推薦入試、県内高校限定者を増やす方向に


広告
posted by さじ at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。