2006年09月12日

水洗トイレ一体型の車椅子を開発。

<水洗トイレ>一体型車いすを開発

 洗浄、乾燥、防臭の三つの機能を備えた「水洗トイレ一体型車いす」を長崎市のベンチャー企業、ジャパン・オアシスが開発した。専用のズボンと下着をつけ、座席に開いた穴から用をたす。

 ノズルから出た水がお尻を洗い、風を送って乾燥。防臭液入りの水が便器を洗浄する仕組み。特許を出願中だ。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 実物を見ていないので何ともいえませんが、もしこれでQOLを維持できるようでしたら、素晴らしい発明ではないかと。

関連
医学処 電通大の田中一男教授、脳波で動かす車椅子を開発
医学処 車椅子の男性を背負って登山もできる筋力増強スーツを開発
医学処 車椅子でもエコノミークラス症候群。夏場の脱水状態に気をつけて


広告
posted by さじ at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。