2006年09月11日

ハゲの遺伝子治療。細胞に毛を生やすよう指令することが可能に

はげの治療に大きな前進か=英の研究チーム

 英マンチェスター大学のチームが、遺伝性のはげの治療の研究で、細胞に毛を生やすように指令するタンパク質コード(遺伝暗号)を発見したと明らかにした。ハツカネズミを使った実験で、この遺伝暗号を通常よりも多くの細胞に送り込むことによって、ネズミの毛が多く生える結果が得られた。人間にも応用が利く可能性があるという。

 研究の責任者は、人間の胎児期の生育過程で、肌の細胞は毛嚢、汗腺、歯や爪といった他のタイプの細胞に変化することが可能だと指摘した上で、「どの細胞が毛嚢に変化するかは、我々の遺伝子が生み出す3種類のタンパク質によって決定される」と語った。

 同責任者は「我々は研究で、胎児の肌が形成される過程で、これらのタンパク質のうちの1つが、細胞の外部で働きながら、個人の毛のパターンを決定するために、分子レベルでどのように相互作用を促しているかを突き止めた」と話した。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 中高年日本人の目下の悩み事、脱毛。いわゆるハゲ。ですが、医学の進歩は凄いもので、科学的に毛を生やすことも可能となりました。今回は遺伝的に生やすということですが、まあまだまだ実用は難しいと思います。その他今からでも遅くない「医学的な治療法」もありますので、下記リンクを参照して下さい。

関連
医学処 ハゲには内服薬が効く!カミの薬「プロペシア」
医学処 ハゲのための蜜柑ヘアトニック、厚生労働省にも認められる
医学処 男性型脱毛症の苦悩を描いたドラマがネット配信


広告
posted by さじ at 21:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
なんらかの物理的刺激と三つのタンパク質の操作性により遺伝子情報に及び物理的刺激を得て結論に及ぶ、実用化には長い歳月を得ても応用力高い領域を私個人の見識により、発見の応用力を記載記事にて推定いたしました、現存にはその他の治療法が望ましいです。関連サイトで薄毛で悩む人に提供して頂いてますので、向き合って悩まないで治癒して下さい。今年はノーベル物理学賞はグラフェンです正に応用物理学の範囲を超える程広域なる発見です。英マンチェスター大学から物理学賞!おめでとうございますマンチェスターです
Posted by みか at 2010年10月20日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。