2011年11月07日

20歳未満の夜勤で多発性硬化症のリスクが増大する。

10代の夜勤で多発性硬化症リスク増大、スウェーデン研究

 ティーンエージャーにとって夜勤は疲れるだけでなく、のちに多発性硬化症(MS)を発症する危険性も増大するとした研究結果が、19日の医学誌「Annals of Neurology(神経学紀要)」に発表された。

 スウェーデンのカロリンスカ研究所のチームは、同国で行われた2つの研究のデータを細かく分析した。1つ目は2004年以降にMSと診断された患者1343人とMSではない対象群2900人を比較したもの、2つ目はMSの既往症がある5129人と対象群4509人を比較したものだ。対象者の年齢は16〜70歳で、仕事生活と夜勤の有無に関するアンケートに全員が回答した。

 研究チームが夜勤(午後9時から午前7時までのいずれかの時間帯)の経験がある人とない人でMSの発症率を比較してみたところ、どちらの研究でも、20歳未満での夜勤経験が長い人のMS発症リスクは夜勤を一度もしたことがない人の2倍だった

 研究チームは、夜勤により概日リズムが狂い、睡眠時間も減ったことがMSの発症に起因している可能性を指摘する。実際、体内時計の乱れと睡眠の質低下が免疫系に悪影響を及ぼすことは示されているという

 研究チームが驚いているのは、MSの発症と何らかの関連性があると見られるのが「20歳未満での夜勤」だけだったことだ。研究を率いたAnna Hedstroem氏によると、「若い時の肥満のみがMSリスクを増大させ、大人になってからの肥満は影響しない」ことを示した研究もあるという。

 MSは、免疫系が神経繊維の保護膜である脂肪質のミエリンを攻撃することで発症する。この結果、神経信号は迷子になったり遅れたり途切れたりし、筋肉の協調、体の平衡、発話、視覚に障害が生じる。障害は病気の進行とともに重くなる。



 っつーことは、ですよ

 要するに女子高生時代とかに、夜更かしして遊びほうけているようなことはリスクが高いってことですかね。

 まぁ10代の女性にとって睡眠ってホント大事だと思いますし、みんなちゃんと寝ましょうね。

 日本では20歳未満の夜勤ってそんなないかなーと思ったけど、コンビニとかマックのバイトとかで結構あるか。難しいところですなぁ。もちろんリスクがあるってだけで何とも言えないですけど、多発性硬化症はなってしまうと本当につらい病気だと思うんで、リスクは最小限にしてほしいところですかね。


広告
posted by さじ at 02:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
私も若い時代に睡眠不足を長く放置して身体免疫力を相当に落としたと実感するね。先生に聞いて見たら?私と同じ解答だよ
Posted by at 2011年11月14日 17:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。