2006年09月06日

父親が高齢であった場合、子供は自閉症になりやすい。

父親高齢の子供は自閉症になりやすい!? 遺伝子情報が影響か

 5日付の米紙ワシントン・ポストは、父親の年齢が高いときに生まれた子供は若い年齢の父親に生まれた子供に比べ、自閉症になる可能性が高くなるとの米マウントサイナイ医大などの研究結果を伝えた。父親の遺伝子情報が何らかの影響を及ぼしている可能性を示す新しい発見という。

 研究チームは高齢の父親の事例数が少ないため、断定的な結論は出せないとしているが、父親の年齢が上がるにつれて自閉症の割合が増える傾向は、はっきりしたとしている。

 同大などの研究チームがイスラエルで約38万人を対象に、大規模な調査を実施。その結果、父親が15−29歳のときに生まれた子供の場合、自閉症になる確率が1万人に6人なのに対し、父親が30代のときの子供の場合は1・5倍の9人。40代では5倍以上の32人、50代以上では約9倍の52人に膨らんだという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 やはり遺伝子と年齢は関係するのでしょうね。高齢出産による子供への影響はおそらく取り除くことのできない問題かと思います。勿論可能性の話ですので、気にする必要もないと思いますけれどね。

 おそらく今後も高齢出産は増えていくでしょう。今必要なのは、自閉症に対する「理解」です。出産という奇跡で与えられた子供は、どの子も同じなんです。異常、イレギュラーと考えるのではなく、皆が住みよい社会にしていきましょうよ。

関連
医学処 後頚部浮腫像検査はあくまで参考程度に。
医学処 ニートは発達障害という疾患である可能性が高い
医学処 ディーゼル自動車の排ガスで、子供は自閉症になる


広告
posted by さじ at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック