2006年09月04日

乳酸菌の働きで虫歯を予防する新しいタイプのガム発売

虫歯予防の新しいチューインガム

 虫歯予防を助ける乳酸菌を含有するチューインガムを、ドイツの大手化学薬品会社BASFが開発し、2007年には販売開始予定だという。

 英ヘラルド紙によると、このガムに含まれる乳酸菌は、歯の表面に貼りつき、エナメル質を溶かす強力な酸を産生して虫歯を引き起こすミュータンス連鎖球菌(streptococcus mutans)に対して作用する。ミュータンス連鎖球菌を凝集させることにより歯への貼りつきを防ぎ、すすぎ落としやすくする。雑誌「Chemistry & Industry」8月7日号掲載の記事では、複数の試験でこのガムが口腔内の有害な細菌の数を50分の1に減少させることが示されたという。

 ヘラルド紙は、BASF社はこのほかにも、練り歯磨き、口腔洗浄液、消臭剤などの関連製品を開発中としている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 おー乳酸菌をガムにすることに成功するとは。これは売れそうな予感。ハイドロキシアパタイトがブームになった日本ではなおのことです。

 要するに毎日このガムを噛んでいれば、菌交代現象に近いことが起こって、常在細菌であるミュータンス連鎖球菌がくっつきにくくなるということでしょう。毎日噛み続けるところがポイントになりそうです。さすがに乳酸菌を常在させることはできないでしょうが…。

医学処 大人のせいで歯茎が黒くなる子供
医学処 アメリカによる虫歯撲滅作戦失敗か
医学処 歯の成分を高速で吹き付けることで虫歯も元通りになる技術
医学処 歯髄細胞を刺激してエナメル質を増やす合成蛋白「デントニン」
医学処 1日3杯紅茶を飲むと、がん予防に虫歯予防に骨強化ができる


広告
posted by さじ at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。