2006年08月31日

アルツハイマーは全身性病変を来たすから皮膚検査で判断できる

皮膚検査でアルツハイマー病を早期発見

 最も早期のアルツハイマー病を簡単に検知できる皮膚検査法が、実現に向かっている。アルツハイマー病が脳だけではなく全身を侵す疾患であるという仮説に基づいた検査法で、米国科学アカデミー発行の「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」オンライン版に8月18日掲載された。

 米ウェストバージニア大学保健科学センターBlanchette Rockefeller神経科学研究所のDaniel L. Alkon博士らが開発したこの検査法は、アルツハイマー病患者の脳に蓄積する蛋白であるアミロイドを分解する酵素の型に焦点を絞ったもの。炎症関連物質であるブラジキニンに曝露した皮膚細胞内で、MAPキナーゼErkという酵素の2つの型の比率に大幅な不均衡がみられる場合、アルツハイマー病の存在が疑われるという。認知症でない人やアルツハイマー病以外の認知症患者の細胞には、この比率の不均衡がみられない。

 組織バンクより入手した検体30例およびアルツハイマー病と診断された患者から採取した剖検組織30例の計60例についてこの検査を実施した結果、よい成績が得られたという。疾患の期間との相関性もみられ、疾患の早い段階であるほど大きな異常が認められた。また、100例を対象とした未発表の研究でも同じくよい結果を得ており、さらに数千人規模の研究を準備中とAlkon博士は述べている。

 米トーマスジェファーソン大学(ペンシルベニア州)Farber神経科学研究所のSamuel Gandy博士によると、アルツハイマー病患者の脳に形成されるアミロイド塊周辺に炎症がみられることはよく知られているが、これが全身性のものであるかどうかは、これまで十分な研究が行われてきていないという。Gandy博士は今回の研究について、大規模な研究が不可欠で、「理論的には完璧にみえる」ものの、再現性が確かめられなくてはならないと指摘している。

 早期診断の重要性は、両博士とも認めている。現在、臨床試験中の新薬のすべては、最も早期の段階での治療を目的としており、これら新薬は臨床的診断に基づいて試験が行われていることからも、早期のバイオマーカー(生物学的標標)を知ることが、重要な課題となっているという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 アルツハイマーの特徴的所見は脳ではあるものの、全身が変化しているから皮膚検査でも特定できるんだというニュース。皮膚の変化が、アルツハイマーの場合、それほど特徴的なのでしょうか。もしアルツハイマーであると断定できるほどの精度を持っている場合、画期的な検査になると思われます。

関連:
医学処 カレーに含まれるターメリックはアルツハイマーを防止する
医学処 アルツハイマーに効く新型ワクチンは副作用もありません
医学処 アルツハイマーにはホヤが効く。
医学処 日焼け止めクリーム内の粒子は脳細胞を損傷する恐れがある


広告
posted by さじ at 20:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
AD病変を伴う認知症には,VaDやDLBがあり,これらとADの鑑別は,皮膚検査では,難しいかもしれません.
FTDや正常老化とADの鑑別には有用かもしれませんね.
末梢に注目したものとしては,心臓交感神経機能検査がADとDLBの鑑別に初期の段階から有用であるという日本からの報告が,最近のNeurology誌(66号12巻)に載っていて,DLBの新しい診断基準にも採用されていましたね.
正常老化の人の潜在的AD患者さんの検出が,これから重要になってくるでしょうが,今の所,治療のターゲットは,主にアミロイド関連であり,これは,あくまでもADの発症のアミロイド理論が正しい場合に有用であるという限定付きですね.
Posted by F at 2006年09月04日 06:11
おお、こんばんはー。専門医の方でしょうか、非常に詳しい説明、ありがとうございます。アミロイド関連に焦点を当てた研究が進めば、もしかしたら。
Posted by さじ at 2006年09月04日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。