2006年08月29日

脳性まひの中学生3人が富士山登頂にチャレンジ

<富士山>手足に障害の中学生ら3人が登頂に挑戦

 脳性まひで手足に障害のある中学生ら3人が26日、富士山登山にチャレンジした。ボランティアの協力で9合目に到達。山小屋で1泊し、27日早朝から山頂を目指す。

 挑戦したのは、香川県さぬき市の中学2年、樫原健一君(13)▽那覇市の同、渡嘉敷光隆君(13)▽高松市の授産施設職員、高田浩次さん(35)。

 香川県肢体不自由児協会の呼び掛けで、障害者登山のボランティアグループ「アッパーズ富士の山」(静岡県富士宮市)や地元の高校生ら約90人が協力。一輪車のタイヤを3本利用した手作りの車椅子3台を用意し、1台につき十数人がかりで、掛け声を張り上げながらロープを引いた。

 樫原君と渡嘉敷君は2度目の挑戦だが、2年前の前回は6合目まで。樫原君は「頂上を自分の足で歩いてみたい」と笑顔を見せていた。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 画像をみつけました。

 富士山 手足に障害の中学生ら3人が登頂に挑戦

 これは…思っていたよりも大変そうですな…。

関連:
医学処 電通大の田中一男教授、脳波で動かす車椅子を開発
医学処 車椅子の男性を背負って登山もできる筋力増強スーツを開発


広告
posted by さじ at 01:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。