2006年08月28日

「紙幣や硬貨は汚い」という教え、迷信であることが発覚。

紙幣や硬貨「意外なことにきれい」 豪・NZチーム調査

 「意外なことに、紙幣や硬貨はさほど汚くない」―。オーストラリアとニュージーランドの研究チームが、両国のカフェやパン屋、精肉店、スーパーなどで使われていたお金を調査し、こんな結論を出した。

 豪南東部にあるバララット大学とニュージーランドの研究機関が食料品店のお金を1年にわたりサンプル抽出し、紙幣と硬貨の表面に付着している細菌を調べた。その結果、大半のお金は細菌がわずかで、硬貨の方が紙幣より細菌は少なかった。中には食中毒や下痢を引き起こす細菌も見つかったが、低レベルだったという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 「お金を触った手を口にいれちゃいけない」と言われた人はかなり多いのではないでしょうか。私自身、幼い頃、親に言われたことがあります。色んな人が触ったのだから、汚い、と。

 しかしよく考えてみると、人の表在菌が硬貨についても、自分の手にも勿論表在菌がいるわけですから、病気を起こすはずがない。仮に大腸菌などがついていても、硬貨では生息できないために付着し続けるはずがない。

 という研究だと思われます。銅などの、金属による殺菌効果もあるんでしょうかね。

関連:10円玉を水槽に入れておけば蚊の発生を抑制できる


広告
posted by さじ at 00:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
でも綺麗なものでは無いんですよね。
やっぱり現金は嫌ですよ。
Posted by at 2013年02月28日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。