2006年08月27日

電通大の田中一男教授、脳波で動かす車椅子を開発

車いす操作、念じるだけ・電通大試作、脳波で自動操縦

 電気通信大学の田中一男教授の研究チームは、「右」「左」と頭の中で考えるだけで、電動車いすを自動操縦できるシステムを試作した。利用者の脳波を頭にかぶった帽子型センサーで読み取って制御する仕組み。実験では、約8割の精度で思い通りの方向に動いたという。

 体が思うように動かない障害者が、念じるだけで車いすやテレビなどが操れるようになる装置の実現に道を開く成果。コンピューターゲームなどアミューズメント分野への応用も期待できそうだ。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 帽子式で利用可能とは。脳波を読み取るための変なゼリーはさすがにつけなければならないでしょうが、これは画期的な発明ですね。

関連:
医学処 車椅子の男性を背負って登山もできる筋力増強スーツを開発
医学処 車椅子でもエコノミークラス症候群。夏場の脱水状態に気をつけて


広告
posted by さじ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。