2011年09月30日

「抗うつ薬が自殺を増やしている論」に強く反論申し上げたい。

1998年以降抗うつ薬の売り上げ増加と自殺者激増が一致

 自殺者が一向に減らない。問題として取り上げられると、その都度、「不景気」や「ストレスの多い社会」がその原因とされてきた。そして早い段階で医師に診察してもらうことが自殺を未然に防ぐことにつながると言われている。だが、今、そこに大きな疑問符がついている。むしろ、真面目に医者に通えば通うほど、死へ近づいていくのではないかと疑念を抱かせる状況があるのだ。医療ジャーナリストの伊藤隼也氏が追及する。

 自殺予防のための内閣府による早期受診キャンペーンを目にしたことはないだろうか。
 
「お父さん、眠れてる? 眠れないときは、お医者さんにご相談を」

 人口にこそ膾炙しているが、その成果は見る影もない。今年も9月10日から自殺予防週間が始まったが、日本の自殺者は一向に減っていないからだ。1998年以降、自殺者は常に3万人を超えており、先進国のなかで最悪の道を突っ走っている

 相次ぐ自殺に国は2000年に初めて自殺予防対策を施策として取り上げ、2002年に自殺予防に向けて提言を行なった。その軸となったのが「精神科の早期受診」キャンペーンである。その根幹には、「多くの自殺者は精神疾患がありながら精神科や心療内科を受診していなかった。生前に医師が診察していたら自殺は防げたはずだ」という考えがあった。

 しかし、その論理は現在、根底から覆っている。

 自殺者の家族などが集まる全国自死遺族連絡会が2006年7月から2010年3月に自殺で亡くなった方1016人の遺族に聞き取り調査したところ、約7割にあたる701人が精神科の治療を継続中だった

 また、東京都福祉保健局が自殺遺族から聞き取り調査をして2008年に発表した自殺実態調査報告書でも、自殺者のうち54%が「精神科・心療内科の医療機関」に相談していたことがわかっている。

 実は国の調査でも自殺事例43事例のうち、20事例(46.5%)において死亡前1年以内に精神科受診歴が認められていた。平成21年度版の自殺対策白書はその事実を記し、こう指摘する。

<これは、従来から指摘されている、「自殺既遂者の9割以上がその直前には何らかの精神障害に罹患した状態にありながら、精神科治療につながっているのは少数である」という知見と、矛盾する結果である>

 つまり、こうしたデータは、精神科・心療内科の受診が自殺防止につながっていないことを意味する。むしろ後述するように、受診が自殺を後押ししている可能性があるのだ。

 そもそも1997年まで年間自殺者は約2万〜2万5000人で推移していた。しかし、97年に2万4391人だった自殺者は翌98年に、3万2863人まで一気に跳ね上がり、現在まで毎年3万人超が続いている。

 なぜ、自殺は減らないのだろうか。これまで自殺が多発する理由は「不景気」「ストレス社会」などにあるといわれた。しかし、ここには見落とされている観点がある。同じく98年頃から抗うつ薬の売り上げが急伸しているという事実だ。実際、98年に173億円だった抗うつ薬の売り上げは翌年以降増え続け、06年には875億円に達している。

 同時期にうつ病患者も急増した。厚生労働省の調査ではうつ病が大半を占める気分障害患者数は1999年に44万1000人だったが02年には71万1000人、2005年に92万4000人に達し、08年には100万人を突破した。

 98年頃を境に自殺者数、抗うつ薬の売り上げ、うつ病患者数が増加する。これは何を意味するのだろうか。

 精神医療の現場における「薬」の役割が相関を解くカギになる。

 全国自死遺族連絡会会長の田中幸子さんの長男・健一さんは警察官だった。仕事ぶりは真面目で責任感が強かった。05年5月、勤務していた交通課管内で高校生3人が死亡する大きな事故が発生し、不眠不休で処理にあたった。

 やがて健一さんは心労と過労が募って吐き気を催すようになり、めまいや耳鳴りがひどく勤務できない日もたびたび生じた。耳鼻科や眼科では治らず田中さんの勧めもあり、休職して近所の心療内科を受診した。すぐにうつ病と診断され、薬を処方された。田中さんはこう証言する。

「息子は薬を手放せなくなっているようでした。私は病院を受診して、お医者さんの言うとおりに薬を飲めばうつは治ると思っていたのですが……」

 しかし、初診からわずか1か月後、05年11月に健一さんは妻と娘と住む官舎で突然首を吊った。遺書はなかった。田中さんは続ける。

「携帯電話を見ると、妻から“なぜ働かないのか”といった類のメールが何十通もきていました。息子の置かれている状況がよく理解してもらえず、サボっているように見えたのかもしれません」

 本来、休息が必要なはずだが、休むよりもむしろ働かなくてはという想いもあったのかもしれない。

 息子の死後、担当医に電話すると「診察に来ないと話は聞けない」と言われた。死の報告をするためだけに初診料を払って「受診」した。不誠実さに腹が立つと同時に、それまで信用していた医師に対して不信感を抱くようになった。田中さんは言う。

「その後遺族の会を作って、多くの人が息子と同じように精神科を受診し、投薬を受けた上で亡くなっていることを知り衝撃を受けました」

 前出の同会の調査では、1016人中、自宅マンションから飛び降り自殺した人は72名。その全員が精神科の診療を受け、抗うつ薬などを1日3回、5〜7錠服用する薬漬けの状態だったことも判明した。ここからは、飛び降りという衝動的な行為を処方薬が引き起こした可能性さえ疑われる。



 半分合ってるけど、もう半分はどうか、と。

 単刀直入に言うと、今の日本の精神医療も最大の問題点は「精神科・心療内科を掲げている開業医のレベルの低さ」だと思います。

 「掲げている」ってのがポイントですよ、言うまでもなく。

 まず今の日本において、心療内科クリニックをやっているところ、そのどれだけが、「十分に訓練を積んだ精神科医」がやっているのでしょうか。

 いや、そもそも精神科と心療内科の違いを理解せぬあたりが悩ましい。心療内科のほうが入りやすいかもしれませんけど、うつ病を診るのは精神科ですよ。

 で、町中で、駅前心療内科クリニックみたいにやってるところ。そこの医者は本当に精神科医ですか

 よくあるのが、例えばどっかで外科やら内科やらやってきて、開業するときに、患者を集めたいから心療内科を掲げるところ。

 コレ、めちゃくちゃ腹立つんですよねぇ。

 知識もないのに、「うつ状態だからうつ病、だからSSRIやらの抗うつ剤出しとこう」っていう安易な処方をする人の多いこと。

 この、「精神科医でもないのに精神科や心療内科を掲げる開業医」または「精神科でやってきても知識も経験もないのに心療内科や精神科を掲げる開業医」の間違った処方で、うつが酷くなっているのではないでしょうか。

 ひとくちに「うつ」といっても、それが「うつ状態」なのか「うつ病」なのか「双極性障害」なのか「統合失調症」なのか「発達障害」なのか。その心療内科の医者はちゃんと鑑別できてますかね?うつ病と診断されている人が実は双極性障害だった、とか、ないですか?

 本題です。

 よく抗うつ剤で攻撃性が高まるとか、自殺を促進するとか言われてますけど、それは「うつ病でない、うつ状態を呈する疾患に抗うつ剤を使っている」から、そういうことが起こるわけで。本来うつ病への抗うつ剤投与は慎重に行うべきなんですよ。だから、抗うつ剤が悪い、というのははっきり言って大きく間違っていますね。単に医者(それも精神科医が悪いというより、精神科の知識がないのに手を出す医者)が能力がないだけで。

 もし私の周囲でうつっぽくなって、死にたいと言っている人がいたら、どうするか。

 まちがいなく、総合病院のちゃんとした精神科の入院施設のあるところに連れていきますね。

 駅前心療内科には行きません。もし軽そうならそこでもいいかもしれませんけど、最初にちゃんと話聞いてくれないところはアウトですね。行くとしたら、そのちゃんとした精神科で「ここなら問題ないでしょう」と言われたところにすると思います。そうやって紹介されたところならば、外来のフォローも適切でしょうし、もし具合が悪くなったら入院施設のあるところで面倒みてもらえるわけですから。

 とまぁ、心療内科の悪口言ってるように聞こえるかもしれませんけど、それが現状です。もちろんちゃんとスキル積んだ心療内科クリニックもありますよ。それは信用できますし、ちゃんと患者をみて判断して投薬行っているところも結構あると思うんですけど、はずれが多いのがネックすぎる。多分心療内科クリニックを掲げているベテラン精神科医の皆さんも歯がゆく思っているのではないでしょうか。だいたい心療内科ってのはストレスによって「体に症状が出てくる」から内科なわけで、精神科とは全く別モノですからねぇ。

 記事の最後に「衝動性」とありますけれど、衝動性が高いうつ病ならば入院すべきですし、もしその衝動性が双極性障害などからきているのであれば安易に抗うつ剤を処方すべきでないですしね。薬が悪いというより、薬を使う医者側が悪いと思う理由、お分かりいただけたでしょうか。

(注:そうはいっても、うつ病の難しいところは、薬が当たれば状態は良くなりますが、それでも元来自殺に繋がってしまう病なために、どんなベテランが担当して薬の調整を行っても、自殺してしまうことはあります。そうならないために必要なのは、周囲の協力、それしかないんです)


広告
posted by さじ at 02:07 | Comment(16) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
西洋医学的には症状に効果のある投薬で効果を上げようと考えてしまうのでしょうね。
いままで何度か病院(皮膚科、耳鼻科)のお世話になりましたが、なぜ症状がでたのか、どうすれば原因をなくせるのかを考えて教えてくれるお医者さんには出会ったことがありません。
症状を聞いて、では効くお薬出しましょう。でおしまい。
経験上、医者は症状に対処するだけで精神的な支えになるものではないと理解しています。

自殺について考えるほど追い込まれたこともありますが、精神科に連れていかれたらより悪化するだろうと予想してます。
精神科でどうこうされるということは当人にとっては「おまえは異常だよ」と烙印を押される事のように感じますので、治療行為自体が絶望や悲しみの原因になってしまうと感じるからです。

心の問題に関しては必要なのは投薬ではなく考えかたの調整や実体験ではないかなと。
Posted by rin at 2011年10月01日 01:21
rinさん、お辛い思いをされてきたことでしょう。
確かにおっしゃる通り、薬で安定させようという医師が多いことは確かです。

ただ、あえて申し上げるなら、精神科に行ったからといって異常だと、精神科医ならば思わないでしょう。正常な人、すなわち病気でない人の症状をとることも、1つの取り組みなのです。

皮膚科や耳鼻科などの、いわゆる「身体科」では、精神的側面のことは分からない、分からないからこそ、薬で何とかするしかないのでしょう。まあそれは仕方のないことだと思います。内科や外科の医師に皮膚のことを聞いても、当たり障りの無い軟膏を処方するのが関の山で、やはり皮膚は皮膚科でしか分からないものです。

でも難しいですね。確かに精神科で治療をするということは、精神的疾患、異常というふうになってしまい、精神科での治療が必要な人も二の足を踏んでしまう現状。ホント難しい。どうしたら、精神科への垣根が低くなるのか。

結局のところ、社会が、国民全体が、精神疾患に対する理解が必要なのではないかと思います。rinさんが言われているような考え方の調整なども、やはり医者、とくに精神科医の仕事なので(ベテラン精神科医ならば、できるだけ薬を使わず状態を安定させるということもやることはありますし)

もし必要なのであれば、精神科に行ってみるのもいいと思いますよ。別にすぐ病名がつくわけでもなく、必要なら薬を使いますが、そうでないならrinさんのことについて話を聞いてくれるはずです。垣根が心配なら心療内科でもいいですが、それでも精神科医として何年も総合病院で勤務された経験のある医師が心療内科として開業しているところをオススメしますね。
Posted by さじ at 2011年10月02日 12:08
自分も精神科医です。
そして、まったく同じような記事を書いてアップ準備しているところでした。
先日、ある駅の診療所の広告に、
「消化器内科、呼吸器内科、腎臓内科」
など標榜科を並べた後に、それより大文字で、
「精神科、心療内科」
と書いてあり、女性医師の名前の上には、
「内科認定医」
おい、おまえ絶対、
「精神科なんて、だいたいでなんとかできるわよ〜」
くらいで標榜してるだと!!
と呆れました。

世間で問題になっている、いきなり多剤大量処方の医師って、
純粋にトレーニングされた精神科医は絶対にしないと思うんですよねぇ。
Posted by ER at 2011年10月21日 22:23
rinさんへ
以前、私の元恋人が精神疾患を患っていて、精神科に入院しておりました。
今は私は患者ですが、ほぼ回復しています。

rinさん、実は精神科ってすごく落ち着きますよ。笑
ほとんどの看護師さんは、ニコニコしてて優しい。
お医者さんは、ニコニコ優しかったり、ちょっと厳しかったりと、まあ人それぞれですが、総じて知的で信頼感を感じれます。
精神科のお医者さんは、まず患者さんと信頼関係を築こうとするので、これは当然ですね。

逆に言えば、信頼関係をあまり築こうとしない医者は、他の科目から転科してきた「精神科」という診療科目をなめてる輩でしょう。


私は、精神科は非常に専門性の高い診療科目だと思っています。
少し極端ですが、他の診療科目を4〜5年経験したお医者さんは、もう精神科医にはなれないんじゃないか、と思うぐらいです。

例えば回復期にある患者さんの、肝臓の数値がちょっと悪かった場合、純粋にトレーニングされた精神科医以外なら、慌てて投薬を減量・中止するでしょう。
しかし、ちゃんとした精神科医は違います。彼らの多くはこう考えます。
「あとちょっとなんだ!患者の人生がかかってるのに、多少、肝臓の数値が悪いぐらいでビビってられるか。」

このあたりの差が、純粋な精神科医とその他の医者の違いだと思います。
通常の医者の仕事は、患者の「身体」を診ることですが、精神科医は患者の「人生」まで診ています。

私も初めて病院に行くまでは、かなりためらいました。
元恋人の見舞いで閉鎖病棟へ毎日のように足を運んでいて精神科には慣れていましたし、精神疾患への偏見もないつもりでしたが、やはり自分のこととなると認めたくないものです。

ですが、勇気を持って診察を受けて良かった、と今は思います。

この間、久しぶりに集中して本が読めたんです。
幸せです。
Posted by 患者 at 2011年10月23日 15:41
私は被害者です。そこらへんの町のクリニックでなく、国立病院の精神科医に被害を受けました。精神科だと知らされずに、受診させられ被害を受けました。私のような被害者はいくらでもいますよ。

精神科医と治療を望む患者さんにいくらいっても無駄でしょうが、被害者の声をまずは聞いてから反論されたらどうでしょう?ネットでは被害者の声がどんどん出てきています。この流れはとまらないと思います。

はじめから精神科で治療を受けたいと思わない患者もいます。これは偏見ではありません。向精神薬というものがどんなものか知っているからこそ、拒否するのです。私は精神医療が科学だとは思いません。

薬がなくなり今は快適です。私のように精神科医の治療と向精神薬を拒否する患者もいるのです。それだけは申し上げたい。

私を救いの手をさしのべたのは、精神科医ではなく内科医でした。
Posted by 精神科医の治療を二度と受けたくない at 2011年10月26日 17:26
多分上のコメントの人は精神疾患まだ治ってないんだろうな
Posted by    at 2011年10月27日 21:21
精神疾患だと勝手に決めるような人こそ、精神疾患だと思うし、そもそも人権侵害だと思いますけどね。
Posted by at 2011年10月28日 16:01
お伺いしたい。
雅子様はいつ治るんでしょうか?
彼女の主治医は有名な大野裕氏ですよね。
Posted by ももか at 2011年10月28日 19:55
>>ERさん
そうなんですよねぇ。多剤出すっていうのは、長期に診て難治だったら分かるんですけど、いきなり出すことはないですよね。
たまにそういう標榜の多すぎる診療所をみかけますが、果たして、といったところですね…。
何とかしたいところなんですけどね、どうしたらいいものやら。

>>患者さん
そういうコメントをみると、嬉しくなりますね。
書いて下さって、ありがとうございます。
Posted by さじ at 2011年10月31日 02:37
Posted by 精神科医の治療を二度と受けたくない at 2011年10月26日 17:26
の人のような患者はものすごく多いですね。
治ったと錯覚する人より遥かに多い。
ハッキリ言って治った人などいないし、殆んどの人は悪化している。
もちろん、雅子さまも例外ではありません。

薬では一時的には症状を抑えたり、楽になったりすることもありますが、
確実に悪化するのは当たり前ですが、依存性が強いので、
止められません。止めると離脱症状も激しく、余計に苦しくなる。
もちろん、副作用も強いし、自殺衝動など危険性も高い。

でも、矛先が精神科医ではなく、他に向かうのですよね。
俺が治らないのは、〇〇のせいだ、という具合に。
それは、会社、上司、女房、同僚、社会、経済などいろいろですが。
Posted by ごむてつ at 2011年11月01日 16:58
鬱の原因が生活環境なのに、その環境を変えずに精神科に通院、投薬していれば治るという考えの患者、患者家族が存在してたりもします。
うちの祖母(母方)は私の父の虐待を受けていたため、鬱になっていました。父への恐怖、不眠、心身の不調をを訴える祖母に、母は心療内科受診を勧めました。結果、全く良くならず祖母は発狂。他の諸々の事情もあり父と母は家を捨てて引っ越しました。
虐待の心配が無くなった今、祖母はけろっとして普通に暮らしているようです。

あくまで一例、ですが・・
Posted by ゆき at 2011年11月01日 22:14
それは厳しかったですね
まともな精神科医なら普通そこを考えますが。
そもそも心療内科の適応じゃないですしね…
Posted by それは at 2011年11月02日 00:21
共感すれば『鬱になった事ない奴に何が分かるのか』といい、
見守れば『心配もしてくれない非情な奴だ』という。
どうすれば満足なのか。
他人なら取り合わないことが一番ですかね?
Posted by at 2011年11月02日 09:00
題名にそそられて記事を読ませて頂きましたが、的を射ていると思いました。
興味深い記事をありがとうございました。
Posted by c at 2011年12月26日 01:35
この問題は欧米のように医療大麻で解決した方が良いと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=RHKOOh01nhs#t=1330
Posted by 友人を末期がんで亡くした男 at 2014年04月29日 11:51
本当に医師免許も何科に進むのか?決めて「専門医」の資格を持った科以外では開業できないようにしないと…大変な事になりますね。こういうところに医療費削減の鍵があるのに…
Posted by さわさわ at 2014年10月25日 09:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。