2006年08月25日

大腸検査に用いる下剤で腸閉塞や腸管穿孔の副作用

下剤で腸閉塞や穿孔6例/厚労省が禁忌、注意喚起

 大腸検査の前に使用する下剤ピコスルファートナトリウム(成分名)で、因果関係が否定できない副作用として腸閉塞や腸管穿孔が2月までの約3年間で6例報告された。厚生労働省は、腸閉塞やその疑いがある患者らには禁忌とし、24日発行の医薬品・医療機器等安全性情報で注意を呼び掛けた。

 この薬は便秘薬としても使用されている処方薬で、11社が11製品を発売。2005年度は推計で約500万人が使用、このうち約70万人は大腸検査前に使っている。副作用報告の6例はいずれも大腸検査前に投与されたケースで、便秘薬として使用する場合は投与量が約10分の1のため同様の副作用は報告されていない。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 禁忌情報です。ご注意を。


広告
posted by さじ at 03:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。