2006年08月19日

粒子線治療施設を作って、がんを切らずに治そう

がん切らずに治す 粒子線治療施設NPO法人計画

 切らずに治す、がんの最先端治療法として注目されている粒子線治療施設の建設計画を、医療機関や医療関連企業、個人などでつくる「NPO法人東京地域チーム医療推進協議会」(理事長=武藤徹一郎・癌研有明病院長)が進めている。

 粒子線治療施設は、公立の研究所などが研究を兼ねて運営する例はあるが、治療専門の民間施設はまだなく、2010年ごろのオープンを目指す。

 同施設は、電気を帯びた炭素原子を加速器で高速に加速し、患部に照射してがんを死滅させる。エックス線に比べて質量が大きな炭素を使うため、がん細胞への殺傷能力が高いとされる。さらに生体内の標的に確実に当てることができるため、正常細胞への影響を減らせ、副作用が少ないのが特長だ。

 粒子線治療を希望する患者は多いが、建設には加速器設置を含め、100億円以上が必要だ。このため、首都圏を中心とする医療機関や医療関連企業が共同出資する。年間1200人程度の利用が見込めるといい、場所は川崎市が候補としてあがっている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 高いけど、回収できる算段なのでしょう。実際に効果があれば多少高くても皆やりますからね。。。実際に効果があればの話ですが。副作用が少ないというのも、果たして。


広告
posted by さじ at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。