2006年08月17日

病気別に検索できる、闘病記ライブラリーが完成

闘病記ライブラリー完成、病種別にネットで検索

 患者や家族らがつづった闘病記を病気別に探し出せる「闘病記ライブラリー」を、国立情報学研究所の高野明彦教授と市民団体が共同で作成し、インターネット上で公開している。

 闘病記は、同じ病気に苦しむ患者が、治療法や病気に対する心構えなどを知るのに役立つが、題名だけでは、闘病記かどうか、どの病気に関する本なのかわからないことが多い。

 図書館などに闘病記専用のコーナーを設ける活動を続けている「健康情報棚プロジェクト」(石井保志代表)にも、そうした不満が寄せられたことから、高野教授と同ライブラリーの整備を進めてきた。

 同ライブラリー((http://toubyoki.info/))を開き、がん、脳、心、血液、小児など12テーマから一つ選択すると、子宮がんや白血病など57の病名が表示され、約700冊の闘病記が一覧できる。

 背表紙のタイトルを選ぶと、目次や前書きのほか、要約や解説も見ることができ、著者がどんなことに悩み、なぜ闘病記を執筆したかなどがわかる。また選択した闘病記を所蔵する図書館も表示される。

 石井さんは「どんどん冊数を増やしていくので、患者が医療情報を入手する手段として活用して欲しい。介護の体験記なども扱っていきたい」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 これは、良いですね。マイナスの面もそりゃあるでしょうが、プラスの面のほうが大きいのでは。恐怖症になってしまうより、勇気を得る手段として用いてほしいものです。


広告
posted by さじ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。