2011年08月31日

福島第1原発作業員の急性白血病は放射能と関係ないのか?

急性白血病:福島第1原発作業員が死亡 東電が発表

 東京電力は30日、福島第1原発で作業に携わっていた40代の男性作業員が急性白血病で死亡したと発表した。外部被ばく量が0.5ミリシーベルト、内部被ばく量は0ミリシーベルトで、松本純一原子力・立地本部長代理は「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」と説明した。

 東電によると、男性は関連会社の作業員で8月上旬に約1週間、休憩所でドアの開閉や放射線管理に携わった。体調を崩して医師の診察を受け急性白血病と診断され、入院先で亡くなったという。東電は16日に元請け企業から報告を受けた。事前の健康診断で白血球数の異常はなく、今回以外の原発での作業歴は不明という。



 放射線のことは詳しく分からないのですが、どうなんでしょうかね。

 放射線を浴びると急性白血病を起こす可能性はもちろんありえます。そもそも原爆後遺症として急性白血病、慢性白血病が誘発されることは認められているからです。しかし今回のようにわずかな放射線で起こるのか。もし報道と異なり大量の放射線を浴びていたとしたら、他の作業員も何らかの放射線障害を患っていないとおかしいのではないか。

 個人的には、不運にも急性白血病になってしまった、と考えます。

 放射線を浴びたから、ではなく、たまたま発症してしまったのではないかと。

 しかも急性白血病を発症してすぐにお亡くなりになっているのも、不運としかいいようがないかと。


広告
posted by さじ at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック