2011年08月12日

熱中症で重症化する人は遺伝子によるものかもしれない

あなたの熱中症は遺伝かも…重症化遺伝子あった

 熱中症で高熱や意識障害に陥った患者の約半数が、特定の遺伝子の型を持っていることを、東京医科大と徳島大の研究チームが突き止めた。

 熱中症の重症化にかかわる体質がわかったのは初めて。予防や治療につながると期待される。

 この遺伝子は、エネルギー産生に関係する酵素を作る「CPT2」。研究チームは、遺伝子の塩基配列が1か所だけ違う型に着目した。この型を持つ人は40度以上の高熱が続くと、酵素が不安定になってエネルギーを作れなくなり、インフルエンザ脳症になりやすいことを徳島大の木戸博教授らが明らかにしている

 東京医大病院に40度の高熱、意識障害または熱けいれんの重篤な熱中症で運ばれた11人を調べた結果、死者1人を含む5人(45・5%)がこの型だった。

 重いインフルエンザ脳症(46%)とほぼ同じ割合で、日本人全体の保有率(14〜21%)に比べて高かった。



 暑さに弱い酵素を作り出してしまう、ということでしょうかね。

 体温が40度になる前に、冷房をいれる、水分をとるなどの工夫をして乗り切りたいものです。


広告
posted by さじ at 06:11 | Comment(3) | TrackBack(0) | 循環
この記事へのコメント
朝顔の花がくたばってる。くたくたになった朝顔を見ると悲しい、そんなに無理をしたの?朝顔らしい元気に咲いている、美しげで気品に満ちた紫の朝顔の花をヴェネチアのグラスに暖かみある栗色のジェラートに添えて頂くわ
Posted by みか at 2011年08月12日 12:09
リチャードジノリの陶器、父にプレゼントして明日はローズグラデーション一面に薔薇の花を水に浮かべ祈りを捧げ、白いトルコ桔梗は一輪挿しにブルーリボンを結び、戦争と平和を見つめよう!
Posted by みか at 2011年08月14日 22:13
お洒落なものが好きなんですね
Posted by さじ at 2011年08月15日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。