2011年08月05日

食物繊維を多く取ると脳卒中予防になる。

食物繊維、脳卒中予防に=喫煙で効果相殺も―8万7000人調査・がんセンターなど

 国立がん研究センターと国立循環器病研究センターなどは4日、40〜70代の男女約8万7000人を調査した結果、女性では食物繊維を多く取る人ほど脳卒中など循環器病の発症リスクが減る一方、男性では効果がなかったと発表した。男性は喫煙率が高く、予防効果が相殺されたとみられる。

 研究チームは1995年から2004年まで、全国9地域の45〜74歳の男女約8万7000人を追跡調査。約10年の調査期間中、2553人が脳卒中を、684人が虚血性心疾患を発症した。チームは食物繊維の摂取と発症の関係に着目し、アンケートを基に、摂取量によって男女を各5組に分類した。

 摂取量が最も少ない第1組の発症リスクを1.0とすると、女性では第2組はリスクがやや減少、第3組から最多摂取の第5組までは0.79、0.70、0.65と低下傾向が見られた。男性の場合、3組は1組より低いが、4、5組は3組より高いなど、相関関係が確認できなかった。

 一方、男女を喫煙の有無に分けて分析したところ、非喫煙者では男女とも食物繊維の摂取量が多い組で発症割合が減少。特に男性では、食物繊維を多く取るグループの発症リスクが0.6前後に減った。喫煙者では男女とも、こうした傾向は見られなかった。



 要はやさい食べましょうと。

 食物繊維が脳卒中に関与しているんですかねぇ。それとも生活習慣が良いから脳卒中になりにくい?


広告
posted by さじ at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 循環
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック