2006年08月02日

禁煙セラピーの開発者、アレン・カー氏が肺癌に

Allen Carr fighting lung cancer

An anti-smoking guru who has helped millions of smokers to kick the habit has been diagnosed with lung cancer, it has been announced.

何百万人もの喫煙家を助けた禁煙の伝道師が肺癌と診断されました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 アレン・カーという人は、自身が日に100本も煙草を吸うほどの超ヘビースモーカーでした。そんな彼が煙草を止めたのが23年前。そして「どうすれば禁煙できるのか」を心理的にサポートする禁煙セラピーを開発しました。そもそも禁煙とは意志の問題なので、心理的にサポートすればほとんどの場合においてうまくいくのですが。

 日本でも「禁煙セラピー」が大ブームに。各書店でみかけるようになりました。アレン・カーは30カ国に展開し、数十もの診療所を持つようになりました。

 そんなアレン・カー氏が肺がんに。まあ日に100本も吸っていたために既にタールが蓄積していたと思われます。ですが禁煙が無駄というわけではありません。確実に、寿命を伸ばしてはいます。アレン・カー氏は今回の告白の後で、肺がんの原因は、指導の際の受動喫煙か過去の喫煙かどうか特定できないとしながら「たばこをやめていなければ20年前に死んでいた」と言っています。

 禁煙をすれば、肺がんになる確率は格段に減ります。現在、日本人男性の死亡率で最も高いのは肺癌です。それは胃がんと異なり、肺のガンが治療しにくいという点にあります。ヘビースモーカーになっても禁煙すれば肺がんになる確率は減ります。非常に苦しい思いをするのが嫌なら、禁煙しませんか。

関連:強盗傷害罪の男、服役中の健康診断で肺癌を見落とされる?

24 名前:冷めたピザ 投稿日:2006/07/31(月) 18:24:33
読んで3日吸わなかったら元が取れると思い買ってみたが、あれから3年吸ってない。
いずれにせよ感謝。

86 名前:天然記念物 投稿日:2006/07/31(月) 22:55:13
禁煙初めて二日目から読み出したら、初っ端から
「まだ決して禁煙を始めないで下さい」
って書いてあって困った。結局吸わなかったケド。
ナンにせよ、まったく禁煙する気がないようなヤツにはムダだと思う。
「止めたいんだけど、誰か背中を押してくれ」ってヤツにはオススメかな?

95 名前:番組の途中ですが名無しです 投稿日:2006/07/31(月) 23:04:12
効く人は立ち読み程度でも効くから、胡散臭いと思ってる人はとりあえず立ち読みすればいいよ。
今みたいに効く効く騒がれてると最初から猜疑心持って読んじゃうから効きにくいだろうし。

おれはまだこの本がそれほど注目されて無い頃に本屋で他の禁煙本と一緒に並んでるのを
偶然手にとってなんとなく読んだのがよかったんだと思う。
冒頭に「煙草を吸いながら読んでください。読み終わる頃にはやめてます」みたいに書いてあるから
そこまで言うなら読んでやろうと立ち読みで読破したんだ。
んでそのままやめて、感謝の気持ちで1冊買った。

103 名前:求職活動中 投稿日:2006/07/31(月) 23:40:59
もう73歳なんだし
白人の平均寿命をはるかに超えてるんだから
効果はあったんだろう

111 名前:ヘタレ 投稿日:2006/08/01(火) 13:25:38
俺の周りだと禁煙セラピー読んで2/4が成功してる
俺も読み終わった後半年禁煙したけど、女と別れてイライラして吸っちまってそのまま

あと禁煙って言い方がよくないと思う
「今禁煙してるんですよ」だと、どうしてもまた喫煙を再開するようなニュアンスになってしまう
「もうタバコやめました」これだとほんとにやめれる

119 名前:無罪 投稿日:2006/08/01(火) 14:32:19
知り合いがこの本読んでタバコやめられたっていうんで
特に禁煙したかったわけではないけど借りて読んでみた。

タバコ吸いながら読んでたんだけど、半分読んだぐらいかな?
なんかタバコ吸うのが馬鹿らしく感じてきて、不思議と吸いたくならない。

ま、せっかくだから吸いたくなるまで控えてみよう・・・
なんて思って今に至ります。


禁煙時間 0年 2月 0日14時間31分
吸わなかった煙草 924本
浮いたタバコ代 13860円
延びた寿命  3日12時間42分


広告
posted by さじ at 01:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
アレンさんが長年やっていた禁煙クリニックはタバコを吸いながら受けられる禁煙セラピーで、それが原因で病気になった可能性が高いらしいです。ある意味皮肉ですが、受動喫煙には本当に気をつけたいですねー
Posted by at 2006年12月05日 07:54
アレンさん、お亡くなりになったそうで。後ほど当ブログでも取り上げる予定ですが、セラピー中の副流煙で加速したとは…。皮肉なものですね。そこまでして頑張ったアレンさんはかなり偉大な人だったのかもしれません。
Posted by さじ at 2006年12月06日 11:03
俺もこの本で禁煙に成功した。

ただし7年近くかかったが・・・
とにかく、その内容は衝撃的で読んでいるあいだはタバコを吸いたくならない、という不思議な体験を何度もした。
Posted by at 2013年05月13日 21:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。