2011年07月29日

手足口病、大流行。りんご病や麻疹は減少傾向。

手足口病、過去最多を更新−感染研

 手足口病の小児科定点医療機関当たりの患者報告数が、7月11-17日の週は10.97で、1982年の感染症発生動向調査の開始以来最多となった前週の9.72をさらに上回った。26日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめ(速報値)で分かった。

 手足口病の定点当たり報告数は、5月9-15日の週から10週連続で増加していて、前週からは1.25ポイント増えた。

 手足口病は、乳幼児を中心に夏季に流行する疾患で、同センターは「例年7月中旬から下旬に掛けてピークになることが多い」と、引き続き注意を呼び掛けている。

 一方、この週の伝染性紅斑(リンゴ病)の小児科定点当たりの患者報告数は0.84で、前週(0.94)から0.1ポイント減少した。過去10年の同時期と比べると最も多いが、6月20-26日の週の1.47をピークに3週連続で減少している。都道府県別に見ると、福島の2.08が最も多く、以下は宮崎(1.86)、長野(1.76)、群馬(1.69)、静岡(1.45)などと続いた。

 この週のはしかの全医療機関からの患者報告数は7人で、前週(14人)から半減した。都道府県別では、埼玉、愛知が各2人、大阪、広島、愛媛が各1人だった。はしかの患者報告数は、4月中旬から急増。4月25日-5月1日の週には38人となり、同センターでは「2009年の週平均報告数13.8人、10年の8.8人と比べて、大幅な増加」と注意を呼び掛けていた。



 ちらほら話題に上り始めましたが、過去最高を記録している手足口病。

 麻疹が減っているのは喜ばしいことではありますけれども。予防接種が効いて来たのかな

医学処:中国で手足口病が大流行し、死者も出る。
医学処:プール熱、手足口病、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎などの夏の感染症


広告
posted by さじ at 01:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
過去の記事読んでプールの授業で毎回あった前後のシャワーの意味がわかりました。
うちも子供いるので気をつけないと…
Posted by にゃー at 2011年08月01日 19:13
にゃーさん、ありがとうございます。
今年は結構子供の感染症多いみたいですからねぇ、御気をつけて!
Posted by さじ at 2011年08月03日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。