2006年07月27日

内臓脂肪を減らしたいなら、杜仲茶を飲みましょう。

杜仲葉に内臓脂肪の減少効果・小林製薬が確認

 小林製薬は健康茶の素材でもある杜仲(とちゅう)の葉にヒトの内臓脂肪を減らす効果があることを確認した。10人の被験者が1日当たり杜仲葉エキス1500ミリグラムと粉末600ミリグラム、桑の葉エキス224ミリグラムを2カ月間摂取。内臓脂肪面積は7人で減少。平均でも摂取前より7%減り、35%減の人もいたという。

 岡山大学大学院の川崎博己教授との共同研究でも、杜仲葉にラットの血管が硬くなるのを防ぐ「血管若返り」効果があることを確認。いずれも8月に開催される日本杜仲研究会で発表する。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 昔飲んでました。杜仲茶。健康のためになっていたんでしょうか。確かに生活習慣病にはなりませんでしたが。

 漢方で用いる薬物の書物である本草書には必ず杜仲が記されており「人参」「鹿茸(鹿類の幼角)」「杜仲」が“三大名薬”とされています。 1976年に出された中国の研究機関による年次報告書には、杜仲に関して次のように記されています。

●血圧を緩やかに降下させ、血行障害を改善する。
●利尿効果があり、腎臓病にも治癒効果がある。
●リウマチや神経痛のような関節痛に対して効果がある。
●鎮痛剤としても認められる。

参考:杜仲の効果


広告
posted by さじ at 00:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
 内臓脂肪の減らし方に、杜仲茶を常飲する方法があるのは、よく知られています。
昔から杜仲の葉を食生活に生かしてきたのが、
中国四川省の高地に暮らす少数民族・チャン族です。
チャン族は、豚の脂の干し物や山羊の肉など、脂肪の多い物を食べる習慣がありますが、
肥満の人が少なく、健康体を維持しています。
実はチャン族は、杜仲の葉を煎じたお茶を飲んだり、お粥に入れて食べる習慣があり、このため健康を維持できるのだと考えられています。
Posted by kurumafu at 2009年02月05日 13:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。