2006年07月16日

ニコチンを含まない新しい「飲む禁煙薬」、販売か。

ファイザー、新型禁煙薬承認申請

 米系ファイザー(東京・渋谷)はニコチンを含まない新タイプの経口禁煙薬「バレニクリン」(一般名、米国の製品名はチャンティックス)の製造販売承認を厚生労働省に申請した。脳内でニコチンが作用する受容体に結びつき、喫煙と同様の状態を作って禁煙を助ける。飲む禁煙薬は国内では初。禁煙の機運が高まっており、販売の拡大が見込まれる。

 バレニクリンは5月に米食品医薬品局(FDA)から承認を受けた。8月にも米国で発売の予定という。海外の臨床試験でバレニクリンを12週間服用した結果、44%の患者が禁煙に成功した。たばこを吸った時にニコチンの作用をブロックする働きもあり、喫煙の満足感を抑える効果もあるという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 積極的に、禁煙できそうなほど簡易で、有用性のありそうな薬です。自身の健康、家族の健康を本気で心配する人はトライしてみては?やるだけの価値はあると思いますよ。

関連:煙草を吸う子供が増えているのは大人のせい
   通常の3倍、心筋梗塞になりやすい喫煙者
   大人のせいで歯茎が黒くなる子供


広告
posted by さじ at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。