2011年06月07日

聖マリアンナ医大皮膚科学研究所発、ほうれい線専用美容液

聖マリ医大の研究が凝縮「ほうれい線」専用美容液

聖マリアンナ医科大学の皮膚科学研究から生まれた(株)ナノエッグの化粧品シリーズ『マリアンナプラス』のほうれい線専用美容液『豊麗』が爆発的人気を呼んでいる。昨年末の発売開始以来、既に3万5000本を出荷。購入者に行ったアンケートでは82%が「使ってみてよかった」と答えた一品だ。横浜市のS・Mさん(53)は「はっきりしていたほうれい線が最近は薄くなってきました。目の下から鼻の脇まで使うと効果が高まったように感じます」と感想を寄せる。

 豊麗には、ビタミンCやEの約400倍の抗酸化作用があるα―リポ酸を独自技術で極小カプセル化した「α―リポエッグ」が配合され、肌に刻まれたシワの改善が期待できる。更に、使い続けることでヒアルロン酸とコラーゲンの体内での産生をサポートしてくれる。



 現役の医科大学発のベンチャー化粧品。その効果はなかなか高いらしく(お値段も高めではありますが)、結構な長期ヒット商品とか。
 
 ほうれい線という、中年女性の悩みの種も、要するに加齢によって水分やその他もろもろがなくなった状態。下手なことをせずクリーム等でサポートすればまだまだ蘇るのでしょう。

医学処:聖マリアンナ医科大学の研究者による化粧品ベンチャー「ナノエッグ」
医学処:肌の内側から状態を改善させる乳液、マリアンナ


広告
posted by さじ at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。