2006年07月10日

タミフルの服用が原因で死んだかもしれない2例が報告される

タミフル服用後に2人死亡 1−6月、ショックなどで

 厚生労働省は10日、インフルエンザ治療薬タミフルの服用との因果関係が否定できない死亡例が、1−6月に2例報告されたと発表した。

 1人は慢性心不全の80代女性で、タミフル服用後に急激なアレルギー反応であるアナフィラキシーショックを起こした。もう1人は狭心症や糖尿病などがある70代男性で、肝障害などで死亡した。

 同省が服用との因果関係が否定できないと判断した死亡例は、4例となった。

 同省は、今回の2例は他に併用している薬の関与も否定できないと説明。「アナフィラキシーショックと肝障害は、ごくまれに起きると添付文書で注意喚起している。現段階でタミフルの安全性に重大な懸念があるとは考えていない」とした。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 非常に稀に起こる合併症、といった具合に見ておくといいかもしれません。危ない副作用があるにはあるが、それは滅多に起こるものではありませんよ、と。

関連:医学処 転落死した中学生は風邪気味でタミフルを服用していた


広告
posted by さじ at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。