2006年07月09日

患者の個人情報を盗み見て宗教勧誘をしていた看護師

「院内で宗教勧誘」の看護師、処分…滋賀の県立病院

 滋賀県守山市の県立成人病センターに勤務していた女性職員(41)が宗教団体への勧誘目的に院内のパソコンを使い、患者の個人情報を無断で閲覧、情報を同じ団体の女性入院患者に漏らし、県が文書訓戒処分にしていたことがわかった。

 同センターによると、職員は看護師として勤務していた昨年5月、カルテなどの管理用のパソコンで患者3人分の個人情報を検索し、うち1人分の住所や電話番号を携帯電話のメールを使って女性患者に送っていた

 昨年6月、「女性職員が院内で宗教の勧誘をしている」との情報が寄せられ、同センターが調査した結果、情報の目的外使用が判明。職員は昨年11月に処分を受けた後、県庁へ異動になっている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 これはやってはいけないことですね。医療従事者は宗教に関係なく平等に扱わなければいけませんし、患者の個人情報を流すなど言語道断です。この看護師は免許剥奪されても何ら不思議ではありません。メンタル的に弱っている患者を勧誘しようなど、よくもまぁ思いつくものですね。宗教の悪いところが表面に出てしまった「形」でしょうか。


広告
posted by さじ at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。