2006年07月08日

世界3大テノールの1人、パバロッティが膵臓がん

パバロッティさん、膵臓ガンの緊急手術…復帰は来年

 「世界3大テノール」の一人として有名なイタリアのオペラ歌手ルチアーノ・パバロッティさん(70)が先週、ニューヨークで膵臓ガンの緊急手術を受けたことが、7日明らかになった。

 手術は成功したが、年内は公演活動を休止し、復帰は来年初めになるという。

 パバロッティさんは、2月のトリノ冬季五輪開会式でイタリア歌劇「トゥーランドット」の曲を熱唱したことでも知られる。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

パバロッティ(ルチアーノ):ドミンゴ、カレーラスと並ぶ、言わずと知れた"三大テノール"の一人。イタリアの空を想わせる明るく輝かしい声の持ち主で、また、イタリア人らしい茶目っ気たっぷりのステージサービスでも人気が高い。出演するオペラは確実に満席となり、アリーナ・コンサートでも数万人の聴衆を集めてしまう、まさにオペラ界のスーパースター。

参考:goo 音楽


広告
posted by さじ at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。