2006年07月06日

修正大血管転位症の女性がドイツで心臓移植を望んでいる

心臓移植で渡独、募金呼び掛け=16歳女性の家族ら−福岡

 先天性の心疾患「修正大血管転位」で在宅療養を続ける福岡市早良区の江田果瑠奈さん(16)がドイツで心臓移植手術を受けるため、家族や支援団体が6日、福岡県庁で記者会見し、募金を呼び掛けた。渡航や手術、滞在治療などで5000万円を目標にしている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 修正大血管転位症とは、右心室と左心室が入れ替わって、血液の流れが右心房→左心室→肺動脈→肺静脈→左心房→右心室→大動脈となっている先天性心疾患です。左右心室は入れ替わっていますが、体から還ってきた静脈血が肺へ送られ、肺から還ってきた動脈血が全身に送られるので血液の流れは修正されています。心室中隔欠損、肺動脈狭窄や不整脈などを合併することが多く、症例によって重症度に差があります。

 正常…右心房→右心室→肺動脈→肺静脈→左心房→左心室
 異常…右心房→左心室→肺動脈→肺静脈→左心房→右心室

 でも修正大血管転位症になっても静脈血を肺に送れるから問題ないんじゃないの?と思われるかもしれません。確かに血液の流れとしてはある意味正常な流れとなっています(修正大血管転位症の「修正」とはここから来ているものと思われます)

 ところが。右心室と左心室には構造上の違いがあるんですよね。左心室の入り口の弁は僧帽弁という「2枚の弁」からなり、右心室の入り口の弁は三尖弁という「3枚の弁」でできています。三尖弁はつくりも華奢にできているので体の血圧に対抗しにくいため、修正大血管転位症では三尖弁逆流を来たしやすいのです。

 そのために修正大血管転位症は重症になると静脈血、つまり酸素の少ない血液が全身を回ることになってしまうため、チアノーゼを呈したりします。ですので、今回のように根治治療として「心臓移植」が挙げられているわけです。


広告
posted by さじ at 23:06 | Comment(5) | TrackBack(0) | 移植
この記事へのコメント
初めまして(^O^)私には1歳半になる男の子がいます。その子はあなたと同じ心臓の疾患を持ってます。
何もわからないまま2歳に手術を受ける予定ですが、この記事を見てうちの子もいずれ移植をしなければならないのですか?
Posted by 牧 れいか at 2008年10月16日 20:20
いえ、循環器的にコントロールできていれば心臓移植は必要ないでしょう。
2歳に受ける手術もおそらくコントロールを良くするためのものなのでは?
先生方は分かるまで時間を割いてくれると思います。今後の治療方針の説明をしてくれ、と頼めば明確な答えが得られると思いますよ。
Posted by さじ at 2008年10月16日 23:38
ウチの子も修正大血管転位症で生まれてきました。

10日以内に死なない為の手術をしました。
その後根治手術をしましたが、ブロックがおき残念ながら心臓と脳への電気信号が遮断されペースペーカーを植え込みました。

しかし何年か後に奇跡の復活を果たし、信号が戻って自発心拍に戻れてるとも事でした。

心臓移植は私も最善の方法なのか?と思いましたが、すぐ命に係る状態では無い事でもあり先生からもそんな話は出ませんでした。移植なので本人にも負担が掛かる重大な事ですしね・・。

ウチの場合は幼児期の体力を使わないときは良いけど小学校など3キロもの道のりを、小さい体でランドセルも重く、心臓に負担を掛けるのは止めたいな・・と今考えています。1日1日心臓になるべく負担を掛けない様にしようと思っているのが本当の所です。
Posted by 春うらら at 2009年05月01日 12:31
FyHUY&Z*, www.ex-navi.net, �v���O���j���Z�b�N�X�n�����G�b�`����������, http://www.ex-navi.net/70.html
Posted by �v���O���j���Z�b�N�X�n�����G�b�`���������� at 2011年04月06日 11:53
うちは小学校六年生です。数ヶ月後にOPE予定です。 修正大血管転位症に心室中隔欠損 肺動脈狭窄と 第一冠動脈です。検査を重ねた結果想像以上の形でしたが あいにく救いだったのは心室の圧力が左右バランスがとれる程になっていたので これまで何とか 保育園も小学校も 健常児と割と同じような生活をさせる事ができました。 移植の話は うちは出た事無く来ました。その子の状態にもよるでしょうが 主治医の先生を信じて 自分もいかに毎日を心地良く過ごさせる事が出来るかだけで来ました。大変な事はありますがこれが現実だし日常です。 OPEも成功ばかりでは無いので 残りの時間をどう過ごすかを改めて大切に感じています。
Posted by まゆ at 2011年08月21日 02:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。