2006年07月05日

死にたくなければ後部座席でもシートベルトをしなさい

後部座席もシートベルトを 非着用者は致死率4倍

 昨年1年間に起きた交通事故で、自動車の後部座席同乗者のうちシートベルトを着用していなかった人の致死率は着用していた人の約4倍だったことが、警察庁のまとめで4日までに分かった。

 後部座席のシートベルトは法律で義務付けられておらず、着用率は10%に満たない。警察庁は着用率を2010年までに50%以上にする目標を掲げており、取り締まりの際に指導を実施するなど着用促進を図るよう全国の警察に求めている。

 同庁が後部座席の死傷者について調べたところ、シートベルトを着用していたのは2万3035人。うち死亡は25人で致死率は0・11%。着用せずに死傷したのは5万285人で、うち死亡は213人。致死率は0・42%だった。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 つけていたほうが安全というのは周知の事実だとは思います。問題は後部座席でもシートベルトするのか、っていう。数十年後ぐらいに、自動車教習の段階から義務化されるかもしれませんね。もしくは動きやすいシートベルトの開発とか。事故などで衝撃が起こると、すぐさま効果を発揮するような都合のいい発明を誰かしてくれないだろうか。


広告
posted by さじ at 00:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | 救急
この記事へのコメント
後部座席着用率10%未満なのに、
 着用者の死傷者2万人
非着用者の死傷者5万人

私はしたくないぞ。
Posted by qu at 2008年03月28日 15:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。