2011年05月17日

40代男性の脳死臓器移植、1997年から134例目。

40代男性、脳死での臓器提供へ 134例目

 日本臓器移植ネットワーク(移植ネット)は14日、名古屋市の社会保険中京病院に入院中の40代の男性が、改正臓器移植法に基づいて脳死と判定され、臓器提供の手続きに入ったと発表した。1997年の臓器移植法施行後、脳死での臓器提供は134例目。

 移植ネットによると、13日午前10時16分に同病院から移植ネットに連絡が入り、家族は同日午後2時5分に脳死判定と臓器摘出の承諾書を移植ネットに出した。同病院で男性の脳死判定が行われ、14日午前6時38分に2回目の脳死判定が終わって死亡が確定した。男性はくも膜下出血で治療を受けていた。男性は臓器を提供する意思を示したカードを持っていた。

 家族が提供を承諾した臓器は心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸。

 心臓は東北大病院で30代男性に、両肺は京都大病院で20代男性に、肝臓は岡山大病院で50代男性に、膵臓と腎臓の一つは藤田保健衛生大病院で50代女性に、もう一つの腎臓は成田記念病院で60代男性に、それぞれ提供される。小腸は医学的理由で断念した。



 最近は結構頻繁にやっている気がしていましたけれども、1997年から2011年までで134件というと、まだまだ少ないなぁっていう印象。

 心臓など、もう何年も待っている方もいますしね。


広告
posted by さじ at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移植
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。