2011年05月16日

円形脱毛症の治療の現状と、心のケアについて正しい知識を知ろう。

10代で発症し、長引くケースも“円形”脱毛症は即、皮膚科へ

 治療法は炎症が活発な急性期にはステロイド軟膏や内服薬で炎症を抑え、炎症が治まった後に発毛が認められない固定期には、皮膚表面をわざと刺激して軽い皮膚炎を起こし免疫反応を調節する方法がある。治療効果には個人差があり、一般には長期戦を覚悟しておいたほうがいいだろう。

 重症度が最も高い汎発性脱毛症は、全身の毛が抜けるという簡単には受け入れられない事態に直面する。免疫機能が未成熟な幼少時〜10代での発症が多く、本人と家族が営む社会生活への影響は大きい。特に母親は自責感や将来への不安を抱き過剰に子どもを守りがちで、逆に子どもの可能性を押しつぶしかねない。ここは父親が治療に参加し、母子の逃げ場を作ることが肝心だ。時には「治療をお休みするか」とゆとりを持つのもいい。解放感をきっかけに治癒することもあるのだから。

 円形脱毛症は死に至る病ではない。しかし、ある患者さんは「社会的に抹殺される病気」とつらさを表現した。子ども時代のいじめや就職活動での差別など、年齢性別にかかわらず痛みは共通のものだ。もしも自分や家族に円形脱毛症の疑いがあるなら、診療実績がある皮膚科への受診ともう一つ、同じ経験をわかちあえる患者会に参加してみよう。国内では、日本円形脱毛症コミュニケーション(JAAC〈www.jaac.info/main/〉)が皮膚科医の協力を得てさまざまな活動を行っている。



 まあー大変なもんですわ。

 やっぱり見た目というか、髪の毛というのは大事ですよね。特に若いうちは。

 しかし医療が進歩して円形脱毛症も、結構解明されつつあります。昔は「ストレスによるものだ」みたいに言われていましたけれども。昔と今は全然違いますのでお近くの皮膚科へ。

 カツラメーカーなどが医療用ウィッグなどの技術を確立させてきているので、併せて利用していただきたいですね。心のケアも含めて治療に向けていただければと思います。もう昔みたいに、「恥ずかしいのを我慢する」なんて、思わないで。


広告
posted by さじ at 03:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
今、私も円形脱毛症に悩んでいます。
仕事が、お客様と接する小売り業の為、今あまり、お客様と接するのでは、なく カート回収や店内のカゴ配りをしています。 そしてからトイレの掃除もしています。
髪が、生えてきたら自信を持ってお客様と接することが、出来るのに(T_T)
尊敬する元ハローワークの所長が、トイレの掃除をきちんとして至らきっと誰かが、見ていると言っておられられたらので、卑屈にならず 頑張ります
Posted by ○井○一 at 2012年08月08日 04:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。