2011年05月16日

親族への腎臓移植、手術無事終了。長女の経過良好。

<臓器移植>親族へ腎臓移植、手術が無事終了 長女の経過順調

 改正臓器移植法に基づき、親族優先の提供を適用した初の腎臓移植を行った社会保険中京病院(名古屋市南区)で8日、絹川常郎副院長らが記者会見した。移植手術は無事に終わり、死亡した40代の母親から片方の腎臓の提供を受けた20代長女の術後の経過は順調で、約1カ月後には退院できる見通しという。

 絹川副院長らによると、移植手術は7日午前6時40分過ぎに始まり、約5時間後に終わった。

 長女は先天性腎臓病で、小学校低学年の時に父親からの生体腎移植を受けた。その後、再度腹膜透析が必要となり、10代で移植の待機患者として登録した。

 会見に出席した三浦清世美・看護科長は「(母の)死を認めなければいけない複雑な心境だったと思うが、混乱なく手術に向かうことができた」と語った。



 腎臓がしっかり機能して、うまくいくといいですね。


広告
posted by さじ at 03:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 移植
この記事へのコメント
ニューライフ新しい人生が始まるんだよ、辛かったね、苦しかったね、もう大丈夫だから何も心配しなくて良いの貴女の邪魔をする人も私の邪魔をする人も許さない。強くたくましく清らかに可憐に美しく羽ばたいて生きなさい行きなさい活きなさい。美は有効に使わねば、元も子もなくなってしまう、だが美は無駄にすれば、この世から消えてしまうのだ。シェークスピア詩集にて『ソネット集』より
Posted by みか at 2011年06月10日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。