2006年06月27日

アスベストで引き起こされる中皮腫の新薬、来年販売か

中皮腫治療薬の承認を申請…70か国以上で承認

 製薬会社の日本イーライリリー(本社・神戸市)は26日、アスベスト(石綿)が原因で引き起こされるがんの一種「悪性胸膜中皮腫」の治療薬「ペメトレキセド」(商品名アリムタ)について、厚生労働省に医薬品として承認を申請した。

 今後、厚労省で安全性や有効性を審査し、承認されれば来年にも販売が開始される。

 中皮腫の治療は、現在、外科手術を除けば、海外でもこのペメトレキセドと、別の抗がん剤「シスプラチン」を同時に投与する方法しか確立されていない。

 既に世界70か国以上でこの治療法が承認されているが、日本では未承認で、特に昨年、アスベスト禍が社会問題化してからは、患者や医療現場から早期承認を求める声が強まっていた。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ううむ、やはり日本は少し承認が遅いです。混合診療の是非が問われるのも、新薬承認が遅すぎるからで、早ければ別に混合診療なんていらないんですけどもね。今回の薬も、社会現象になったから、という意図が強いと思います。もしアスベストが問題視されなかったら、ペメトレキセドもまだ数年は見越されていたかもしれません。


広告
posted by さじ at 03:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。