2006年06月27日

ユニクロの乳幼児用ズボン ホルムアルデヒド過剰で自主回収

ユニクロ、乳幼児用ズボン自主回収へ…化学物質検出で

 ユニクロは26日、今年3月6日から今月20日まで発売した乳幼児用ズボンの一部から、皮膚障害などを起こす可能性がある化学物質が検出されたため、自主回収すると発表した。

 回収するのは、「BIストレッチカットパンツ」(790円)のカモフラ(迷彩色)柄で、これまでに1万5000点販売された。

 さいたま市保健所の商品検査で、しっしんやかぶれを起こす可能性がある遊離ホルムアルデヒドが、国の基準を上回って検出された。

 健康被害などは報告されていないという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 赤ちゃんにはより良いものを使ってもらいたいものです。


広告
posted by さじ at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。