2006年06月25日

BCG生ワクチンとポリオ生ワクチンの間には4週間以上あけなければいけない

生ワクチン過誤投与/西之表市 ポリオ予防、乳児5人に一定期間空けず

 西之表市が5月、BCGの生ワクチン接種後2週間しか経過していない乳児5人に、ポリオ予防の生ワクチンを投与していたことが23日分かった。厚生労働省は生ワクチンの投与は4週間以上間隔を空けるよう指導している。市は接種履歴の見落としによる過誤投与を認め、保護者に謝罪した。経過観察を続けており、健康被害は確認されていないという。

 市健康保険課によると、市保健センターで5月25日、小児まひを起こすポリオ予防の経口生ワクチンを3カ月児5人に投与。保護者らは母子手帳、予診票を持参、いずれにも同11日に結核予防のBCG接種の記載があったが、受付の保健師や問診の医師、看護師らが見逃したらしい。

 26日、予防接種台帳の確認作業で過誤投与が発覚し、市は保護者や保健所に連絡。以降毎日経過観察をしている。生ワクチンの接種、投与は、厚労省の予防接種実施要領により、安全性の観点から4週間以上間隔を置くことになっている。期間が短いと互いに作用し合い、けいれんやひきつけなどを起こす恐れがあるという。

 市は予防接種のスケジュール見直しや受付、問診でのチェック態勢を強化する。神崎辰秀課長は「あってはならないことで保護者らに不安を与え申し訳ない。健康観察など責任を持って対応していく」と話した。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 死や後遺症などは起こらないとは思いますが、完全に医療ミスですね。あってはならないことです。お母さん方も、こういうことがないように注意しておいて下さい。


広告
posted by さじ at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。