2006年06月24日

現代では豊かな階級のほうがいじめっ子になる

恵まれた家庭環境が逆効果――中流階級が「いじめっ子」を量産!?

 何不自由ない中流階級家庭で、両親からも可愛がられて育った子供の中に陰湿な嫌がらせやいじめをする者が少なくなく、暴力をふるう従来の「いじめっ子」のイメージとは対照的に、新たな中流階級のいじめっ子が子供たちの生活において深刻な脅威となっていることが警告された。

 いじめ反対のキャンペーンを行っているチャリティ団体「Kidscape」が、下院でいじめ問題調査を担当する教育委員会に報告したところによると、身体的暴力は下品であるためかかわらないという、恵まれた家庭環境で育ったいじめっ子は、暴力に代わって携帯電話のテキスト・メッセージや電子メールをいじめの道具に使う傾向が強いと示唆。

 同団体ではさらに、社会階級そのものではなく、中流階級の子供たちを理解することも大きく関わってくると主張。このような子供たちは親に甘やかされて育ち、基本的に自己中心的な物の考え方をもっているほか、PTAの役員や地元政治家などの親の権力をかさにきているため、いじめの被害者も救いを求めることが困難な状況に置かれているとして、これらの被害者救済のための早急な対策の必要性を訴えているという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 精神的ないじめは非常に陰湿です。こういう子供たちが生まれてくる背景には、親の無関心さが原因だと思います。子供のことに気をかける以上に自分のことを気にする権力者の子供が、親と同じように自己中心的に育つのは必然ともいえるでしょう。

 子供が誰かを貶めるようないじめをしていた場合、あなたの教育が誤っていたのではなく、あなた自身が陰湿である、ということに他ならない、そう思います。良識ある権力者の子供ならばそのようなことになることはないと思います。


広告
posted by さじ at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。