2011年04月24日

昔の馬は草ではなく果物を食べていた。

馬はフルーツを食べていた、歯の化石を調査 米研究

 馬たちの祖先はフルーツを食べていた――。馬の歯の化石を調べたニューヨーク工科大学の研究者たちが3日、米科学誌サイエンス(Science)にこのような研究結果を発表した。

 研究者たちは絶滅した70種の馬、6500頭の歯の化石を調べ、そのデータを北アメリカの気候変動の歴史と照らし合わせ、食べていた餌を推定した。その結果、もっとも古い約5550万年前の馬はフルーツを食べていたとみられることが分かった。

 その後、草原が増えるにつれて馬の歯は大型化した。土やほこりが付着した草も噛んで食べられるように、臼歯が大型化し丈夫になったためとみられるという。このような歯の化石には、現代のウマやシマウマの歯に見られるようなすり減った跡があった。

 歯の特徴の変化は、餌が変ったとみられる時期から100万年以上遅れて現れていたことも分かった。この研究は、現在の馬の歯が大きいのは、生存の可能性を高めるために環境に適応した結果である可能性があることを示している。



 果実だけでは暮らしていけなくなり草を食べるようになったんですかね。

 こんなことまで分かってしまう歯ってのも凄いなぁ。


広告
posted by さじ at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。