2011年04月22日

ヨードうがい薬は安定ヨウ素剤の代替品とはならない。

うがい薬「飲まないで」と専門家 買い求め客が急増

 東日本大震災に伴う福島原発放射性物質漏えいで15日、首都圏でも通常より高い放射線量を観測した。都内の薬局でヨウ素入り消毒薬やうがい薬を買い求める客が急増。放射線医学総合研究所は「内服すると有害成分が多い。飲むのは絶対にやめて」と呼び掛ける。「これは安定ヨウ素剤でなく、うがい用です」とレジで念を押す薬局も。

 世田谷区の薬局では、うがい薬やヨードチンキが在庫切れに。被ばくによる健康被害を抑える「安定ヨウ素剤」服用には医師の処方が必要だが、ヨウ素はうがい薬などにも含まれるため、代替品と誤解されやすい

 大手量販店ドン・キホーテはここ数日、首都圏の店舗中心に高機能マスクや消毒用ハンドソープ売り上げが通常の2〜3倍で「放射能対策かも。インフルエンザ予防用なのに」と困惑する。埼玉県内のホームセンターは地震発生直後からカセットこんろやペットボトルの水が品薄になり、今後は肌を隠す雨がっぱや帽子などの需要が増えると予測。「客は何としても身を守りたいという心理状態になっている」と指摘する。

 乾電池などがほぼ完売の都内のスーパーも、入場制限するほど客が開店前から詰め掛け「原発事故の影響は予測できない」と不安を口にする。

 東京ディズニーリゾートやよみうりランドなど、地震直後から休園を続ける遊園地も多い。東京・浅草花やしきは営業を再開したが「原発との関係は分からないが、客は極端に少ない」と話す。



 全くの別物ですからね。これ。要注意です。(医者でも結構分かってない人がいるようですが)


広告
posted by さじ at 00:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
ニーズとは、欲望や要求が誤解により浸透性を帯びてしまうと市場に繁栄された充足感のバランスが崩れてしまう。本来ニーズよりも更にレベルの高い欲しい物を提供出来る事それは国境を越えるんです。世界観は限られた部分だけではないのだ!具体化に前進しているのです準備及び計画、運用の方策です。最後にうがいは、大切です楽しく気分良くうがいしましょう
Posted by みか at 2011年04月22日 09:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック