2006年06月22日

睡眠ホルモンとして、プロスタグランジンD2が働いている

自然な眠りを導く脳内物質を確認 大阪バイオ研

 脳を覆うくも膜でつくられる睡眠物質「プロスタグランジンD2(PGD2)」が、自然な眠りを調節する「睡眠ホルモン」として働いていることを、早石修・大阪バイオサイエンス研究所理事長らのグループがラットの実験で確かめた。副作用の少ない睡眠薬や居眠り防止薬の開発につながる成果で、京都市で開催中の「国際生化学・分子生物学会議」で21日に発表した。

 PGD2は脳脊髄液中に分泌される。早石さんらは82年、微量で強い睡眠作用を持つことをラットの実験で発見した。

 今回は脳内での働きをさらに詳しく調べた。PGD2が脳に働く量を減らすと、睡眠が抑制されることがわかった。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 今現在の睡眠薬はこの機序ではないかもしれません。主流となっている「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬よりも自然で、副作用も少なく、強力な睡眠を得られる日も近い、かも。


広告
posted by さじ at 03:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。