2006年06月21日

元患者が心筋梗塞になり腹を立てた医師が病院を放火

<放火未遂>元患者の「診察がおかしい」と医師が医院に

 「元患者の心臓病が悪化したのは診察がおかしいからだ」と腹を立て、同業の医院に放火しようとしたとして、警視庁青梅署が東京都青梅市河辺町、医師、坂井成彦容疑者(49)を現住建造物等放火未遂容疑で現行犯逮捕していたことが分かった。坂井容疑者は同市野上町で「坂井医院」を開業。今月8日、半年ぶりに診察に訪れた元患者の女性(83)が、心筋梗塞になっていたことに立腹し、現在の通院先の医院に火をつけたと説明しているという。

 調べでは、坂井容疑者は9日午前0時55分ごろ、女性の通う同市の医院の玄関口にサラダ油をまき、卓上コンロ用のガスボンベを噴射させて火をつけた疑い。通行人の通報で駆けつけた警察官に取り押さえられた。医院は玄関部分が焦げただけで、けが人は無かった。

 女性は坂井容疑者の診察を受けた後、すぐに入院し、現在も治療中だという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 熱意だけは伝わりますが…行動に至ってしまうと、もう犯罪者ですからね。


広告
posted by さじ at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 循環
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。