2011年04月18日

避難所でノロウイルス。60人が感染か。

難所でノロウイルス、60人が下痢や吐き気 郡山

 福島県郡山市の避難所で、約60人が吐き気や下痢の症状を訴えていたことがわかった。うち2人の便から、ノロウイルスが検出された。県は各地の避難所に、手洗いや消毒などの衛生管理を徹底するよう呼びかけている。

 県によると、この避難所は「ビッグパレットふくしま」。各地の避難所を巡回している保健師から「下痢や吐き気の症状を訴えている人がいる」と連絡を受け、県が調べてわかった。4日ごろから症状を訴える人が出始め、約60人のうち3人が病院で治療を受けた。

 この避難所では約1900人が暮らしている。避難所で出している食事による食中毒の可能性は低いという。



 避難所で出てしまうと、かなり広がりは早いでしょう。トイレや嘔吐物から感染率は上がるはずです。食中毒という可能性はないにしろ、高齢者の場合は脱水になりやすくなってしまいますし、予防を徹底する必要がありそうです。限られた医療資源の中では点滴すらも危ういのか。


広告
posted by さじ at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。