2006年06月20日

足先でお悩みの貴女に、フットケア外来を開設

フットケア外来:足先の悩み解消へ 大和高田市立病院皮膚科に開設 /奈良

 大和高田市立病院(松村忠史院長)は今月30日から、県内の病院では珍しい「フットケア外来」を皮膚科内に開設する。診療は毎週金曜日で、足首より先の疾患が対象。主に皮膚や爪の水虫、爪の変形、糖尿病や関節リウマチなどに伴う壊疽を扱う。また、足に負担のかかりにくい靴の選び方も指導する。

 同病院によると、皮膚科の外来患者数は年々増え、05年度は1万5529人にのぼる。そのうち足先部分の患者は約5%。高齢化の影響で足に問題を抱えた患者や、おしゃれのため、つま先が細く高いヒールの靴を履いて爪が変形するなど若い女性患者が目立つという。

 藤井秀孝・皮膚科医長(39)は「痛みを和らげ健康な足を保つために役立ちたい」と話す。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 病院が患者寄りに明確なサービスを提供するのは良いことですね。普段足がどうかなっていても我慢する人って多くないですか?より細分化したほうが、行きやすくなるのかもしれませんね。例えば精神科も、うつ病専門とか、神経性食指不振症専門とか。


広告
posted by さじ at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック