2006年06月19日

自殺対策基本法が可決したけど、何なのこの法律は

自殺対策基本法が成立、NPOの10万人署名実る

 自殺対策を国や自治体などの責務とした「自殺対策基本法」が15日、衆院本会議で可決、成立した。

 年間の自殺者が8年連続で3万人を超える中、同法は自殺について「背景に様々な社会的な要因がある」と位置づけ、総合的な自殺対策の策定と実施を国の責務としている。政府は自殺対策の大綱を定め、実施した対策については、毎年、国会へ報告することが義務づけられる。

 法成立には民間団体の力が大きく働いた。NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」(東京)などが呼びかけた法制化を求める署名には、目標の3万人を大きく上回る10万人分が集まった。

 「同じ苦しみをもつ人がいなくなりますように」(姉を亡くした山形県の男性)、「娘を救うことができず、今も自責の念でいっぱいです」(千葉県の女性)。署名とともに、1000通以上の手紙も寄せられた。

 ライフリンクのボランティアとして署名や手紙の整理を担当した南部節子さん(61)(茨城県)の夫、攻一さん(当時58歳)は2004年2月、電車に飛び込み自殺した。技術者だった攻一さんは横浜市に単身赴任。仕事の量が増え、腰痛や足のしびれなどを訴えていた。

 亡くなる1週間前の夜、攻一さんからの電話をとった長男(21)は「お父さん、様子がおかしいよ」と言った。代わろうとすると電話が切れた。電話をかけ直した節子さんは、とっさに「心配するやないの」と言ってしまった。「しんどいのに、無理していると、腹をたててしまったんです。あのとき、『早く帰ってきて』と言えばよかった……」

 攻一さんが最期の場所に選んだのは、新婚時代を過ごした奈良県内。財布の中にたたんで入れてあった住所録の裏には「ごめんなさい。あかん、あかん、スカや」と小さな字がびっしりと書いてあった。

 節子さんは「今になってみると、夫の症状はうつ病だったと思う。法律ができて、いろんな情報が行き渡るようになれば、ずいぶん違うはず。同じ思いをする人を減らしたい」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 なんか、何の解決にもならない気がするんですが。国ができることっていったら、精神科病院の偏見を取り除くようメディアに働きかけることとか、うつ病などの治療費を安くするとか、そのぐらいじゃないですか。マクロな視点で解決できる問題ではないと思います、これは。

 逆に、国が働きかけなくても解決する問題という気もします。そのためには日本国民が知識をもって、偏見を無くさなければなりませんが。国が対策をしないせいで自殺者が増えているのではなく、元々の日本人1人1人の配慮がないから自殺者が増えているのだと思います。統括している国が働きかければ良くなる、という理論は最もですが、別にそうしなくても、1人1人が意識すれば変わること、ですよね。


広告
posted by さじ at 01:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
自殺について何も分かっていない無知な発言だ。
恥を知るべきだ。

http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~psychiat/WEB_YSPRC/index.files/Page5457.htm

上記のサイトを読んで勉強しろ。
Posted by 恥を知れ at 2012年05月03日 14:32
結局ご大層なこと並べても、現実的に解決するかっつーとしないですよね。実際その法律で何か変わったんですかね?秋田や山梨の自殺者は。6年前に書いたように、メディアに呼びかけて認知を高めるとかはやっているみたいですけど。どの変が気に食わないのか、そんなサイトを持ち出さずに教えていただきたいところですね。
Posted by さじ at 2012年05月04日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。