2011年03月22日

第105回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編

 さじです。

 医師になるための登竜門、第105回医師国家試験合格速報。

 今回は、第105回医師国家試験を受験した方の中でも「新卒」のみを焦点に当てました。

 要するに、国師浪人を含まない、ランキングです。

 今現在、大学がどのような医学教育を行っているのか、それがダイレクトに伝わってくるランキングとなっています。


第100回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
第100回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
第101回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
第101回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
第102回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
第102回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
第103回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
第103回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
第104回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
第104回医師国家試験 学校別ランキング 総計編


 総計編ではBEST13を紹介したので、今年は新卒編のWORST13をご紹介。

 さっそく、いってみましょう。




第1位



東京慈恵会医科大学 97 97 97 100.0%


 自治医や防衛医大、そして総計編で安定しきっている滋賀大学などの強豪を抑え、栄えある一位に輝いたのは東京慈恵会医科大学

 前回第45位だった慈恵が、見事に留年0、合格者100%というパーフェクトを達成しました。

 いやー、ホント、惜しい。国師浪人さえいなければ、総計編でも1位だったのに。

 逆に言えば国師浪人という「貯金」を減らすことが出来たわけですから、来年こそダブル受賞のチャンス。

 是非ともこの偉大なる先輩方に、次の学年も続いてほしいものです。

 おめでとうございます!!


第2位


大阪医科大学 105 103 103 100.0%


 いや、悩みました。非常に悩みました。
 100%合格なのに、第2位といってしまっていいのかどうか。
 留年2を出して、103人全員合格の快挙は第1位といっても過言ではないです。
 世間では留年を悪いイメージで捉えるかもしれませんが、実際のところ、その人の実力を判断して、「外にほっぽりだすより留年させて面倒みよう」と考える大学は多いですよ。むしろ何でもかんでも外に出す某国立大学のほうが、よほど世の中のためにならないと思います。

 何せ第104回は67位と全国平均以下だったんです。大阪医大は。
 今までだってそんなに目立つポジションにいるわけではなかった。
 それが、受験者全員合格の快挙。
 本当なら総計編でももっと目立つ位置にいてもおかしくないんですが・・・
 国師浪人生という貯金が、派手にやらかしてくれたおかげで、パッとしない位置に。
 大阪医大卒業の国師浪人生よ。20人中11人が再度不合格って、医者になる気があるのか。
 次の代がこれだけ頑張っているのだから、もっと頑張ってほしい。

 来年も優秀な成績であることを願います。
 貯金0の道は第1位の慈恵医大に比べると遠いかもしれない。
 それでも、信じてる。


第3位

滋賀医科大学 104 104 103 99.0%

 99%シリーズ第一弾は、圧倒的実力を誇る滋賀医大。
 留年0、104人中103人合格の快挙。
 総計編でも見事第1位に輝いています。
 新卒、総計ともにベスト3入りはなかなか達成できません。
 来年もきっと良い成績をみせてくれることでしょう。
 今一番、入学したほうがいい大学かもしれない。
 おめでとうございます。


第4位

自治医科大学 100 98 97 99.0%

 2人留年ながらも97人という大勢を排出し99%という不動の合格率。
 自治医はやはりこのくらいのポジションにいてほしいですね。
 同じく不動常連の防衛医大はどこへ。
 まあいいか。おめでとうございます。


第5位

 慶應義塾大学医学部  97  97  96  99.0%

 留年0だからこちらを第4位にしようかと思いましたが、細かいパーセンテージ的にこちらを5位にしました。
 今年は99%シリーズが続きますね。第6位、第7位も99%なんですけれども。
 1人落ちっていうのはもう1位目の前なんですが、
 「全員合格」という憧れの表現は、達成がなかなか難しい。
 でも、私立ナンバーワンの慶應ならやってくれるはずさ。
 これからも頑張ってほしい。おめでとうございます。
 
 
第6位

藤田保健衛生大学医学部 100 97 96 99.0%

 まさか藤田保健衛生大の名をこの位置でみることになろうとは。
 3人留年ですが、97人中96人合格という、大躍進。
 昨年なんて63位ですよ63位。
 下位常連大学の大躍進ほど嬉しいものはありません。
 ここまでの1位〜6位中、5大学が私大という奇跡。
 藤田もツケが溜まってるから総計編では微妙ですが…。
 今年新卒で大幅に清算できたことで、来年以降に期待が高まります。
 今年の学生を教えた先生方、非常にいいですよ。来年もこのままいって良い医者を送り出してください。
 おめでとうございます。


第7位

 名古屋大学医学部  97  96  95  99.0% 

 99%シリーズ最後は、名古屋大学。国立です。
 名古屋も、貯金が溜まっているから総計編では目立ちませんでしたけれど、
 実際は留年1、不合格1とかなり良い成績なんですよね。
 おめでとうございます。
 
 
8 東京医科大学  118  115  113  98.3% 
9 広島大学医学部 105 105 103 98.1%
10 金沢大学医学部  107  103  101  98.1% 
11 弘前大学医学部  90  90  88  97.8% 
12 神戸大学医学部  86  84  82  97.6% 
13 鹿児島大学医学部  87  80  78  97.5% 
14 京都府立医科大学  102  102  99  97.1% 
15 札幌医科大学 101 101 98 97.0%
16 福井大学医学部  102  101  98  97.0% 
17 北海道大学医学部 98 98 95 96.9%
18 浜松医科大学  99  97  94  96.9% 
19 東京大学医学部  92  92  89  96.7% 
20 山形大学医学部  93  88  85  96.6% 
21 山梨大学医学部  88  86  83  96.5% 
22 筑波大学医学専門学群  111  110  106  96.4% 
23 東京医科歯科大学医学部  84  81  78  96.3% 
24 日本医科大学  101  101  97  96.0% 
25 旭川医科大学  95  93  89  95.7% 
26 産業医科大学  95  92  88  95.7% 
27 長崎大学医学部  91  90  86  95.6% 
28 福島県立医科大学  84  84  80  95.2% 
29 島根大学医学部  100  99  94  94.9% 
30 信州大学医学部  96  96  91  94.8% 
31 三重大学医学部  94  94  89  94.7% 
32 鳥取大学医学部 93 93 88 94.6%
33 北里大学医学部  105  92  87  94.6% 
34 千葉大学医学部  107  106  100  94.3% 


---公立大学平均の壁--- 計  655  653  613  93.9% 


35 京都大学医学部  97  97  91  93.8% 
36 東海大学医学部 113 110 103 93.6%
37 大分大学医学部  99  94  88  93.6% 
 

---国立大学平均の壁--- 計  4128  4085  3819  93.5% 


38 宮崎大学医学部  93  93  87  93.5% 
39 久留米大学医学部  107  100  93  93.0% 
40 順天堂大学医学部  98  98  91  92.9% 
41 高知大学医学部  97  96  89  92.7% 
42 獨協医科大学  97  94  87  92.6% 


---全国平均の壁---  7905  7723  7151  92.6% 


43 防衛医科大学校  67  67  62  92.5% 
44 名古屋市立大学医学部  78  78  72  92.3% 
45 岐阜大学医学部 89 89 82 92.1%
46 大阪市立大学医学部  77  76  70  92.1% 
47 東邦大学医学部  103  100  92  92.0% 
48 大阪大学医学部  98  98  90  91.8% 
48 新潟大学医学部  98  98  90  91.8% 
50 杏林大学医学部 101 98 90 91.8%
51 横浜市立大学医学部 61 61 56 91.8%
52 和歌山県立医科大学  61  60  55  91.7% 


---私立大学平均の壁--- 計  3083  2946  2696  91.5% 


53 徳島大学医学部  94  93  85  91.4% 
53 愛媛大学医学部  94  93  85  91.4%  
55 日本大学医学部  102  102  93  91.2% 
56 奈良県立医科大学 91 91 83 91.2%
57 東北大学医学部  107  107  97  90.7% 
58 兵庫医科大学  118  104  94  90.4% 
59 東京女子医科大学  104  102  92  90.2% 
60 近畿大学医学部  106  101  91  90.1% 
61 聖マリアンナ医科大学  105  99  89  89.9% 
62 岩手医科大学  92  84  75  89.3% 
63 昭和大学医学部  119  119  106  89.1% 
64 富山大学医学部  82  82  73  89.0% 
65 岡山大学医学部  107  106  94  88.7% 
66 熊本大学医学部 105 104 92 88.5%
67 埼玉医科大学  112  104  92  88.5% 


 上記大学のみなさん、おめでとうございました。
 それでは、お通夜モードで、参りましょうか。。。


第68位

 佐賀大学医学部  96  96  85  88.5% 

 67位の埼玉と変わんないじゃんって思う人、いるかもしれませんけれども
 留年0で特攻させて、この成績じゃ、ただの「無責任」ですよ。
 生徒を見極めることが出来ないというか、
 国立だから別にいいじゃんって思ってるのかもしれませんけれども
 波がありすぎ。
 第103回の医師国家試験が70位と轟沈して
 第104回が5位で
 今年が68位って。
 それって、104回が、ただのマグレじゃん。


第69位

 秋田大学医学部  93  93  82  88.2% 

 国立が続きます。
 昨年11位で、優秀だとか褒めましたけど、こちらもただのマグレか。
 国立医学部だから合格率悪くても受験生来るし、全員卒業させて特攻しようぜ的精神なんでしょうか。
 それって、医師としての最低ラインを保てない人をただ垂れ流しているだけでは。


第70位

 九州大学医学部  101  101  89  88.1% 

 上の2つのWORST13と違って、九大はまぁ、去年も良くないですし。
 去年まで落ちていた国師浪人生も合格率50%ですし。
 新卒も70位ですし。
 大学受験では優秀な偏差値でも、環境が変わればこんなもんか。


第71位

 山口大学医学部  99  99  87  87.9% 

 地方の国立大学医学部が続きますなぁ。
 何で。勉強しないで何やってたの。
 

第72位

 香川大学医学部  97  97  85  87.6% 

 地方国立、ぶれすぎ。
 去年7位だったじゃん。
 去年はちゃんと、駄目な人は留年させてたじゃん。
 この負の貯金、どうするんでしょう。
 国立だからって、卒業させればいいってもんじゃないと思う。
 患者の命預かるんだから、最低限の医学知識ぐらい、身に付けてから卒業してください。


第73位

 群馬大学医学部  102  102  89  87.3% 

 あれー、優秀なイメージあったんですけれども。
 地方は末恐ろしい。
 医師国家試験をバクチで受けているようなもんだ。
 何故こうも安定したポジションを維持できないのか。
 滋賀医大に教員は教えを受けてくるべきだと、本気で思う。


第74位

愛知医科大学 118 109 95 87.2%

 去年76位だった愛知医大。久々に私立大学登場。
 うん、でも分かってる。このWORST13は、私立大学のオンパレードだから。
 国立と違って、全員特攻させるようなバカな真似はしなかったところだけ、評価できる。
 でも、それで87%は、ないわ。


第75位

 琉球大学医学部  94  94  82  87.2% 

 国立ワーストは琉球大学。
 ごめん、琉球大学に優秀なイメージがあまりわかないのでしっくりきた。
 とりあえず全員排出してみたものの、大きな貯金が出来た。
 琉球大の職員の皆さん、「卒業させれば何とかなる」と思ってません?
 去年不合格になった人たちの合格率、50%ですよ。
 もっとちゃんとした教育を出来ないものですかね。


第76位

 福岡大学医学部  107  98  84  85.7%

 名前は国立っぽいですけど、れっきとした私立大学です。
 ちなみに去年は最下位でした。
 ここ数年、最下位レースから抜け出せずにいます。
 何が悪いんでしょうかね。
 安定して最下位付近をうろうろしているのをみると、到底まともな医者が育たないのではと思ってしまう。
 普通こんなに落ちんよ。しかも留年9人はそれ以上に酷い成績ってことでしょう
 どうするんでしょう。 
 

第77位

 関西医科大学  111  108  91  84.3%
 
 ですよね。
 総計編でも78位。
 去年は21位だったんですけれども。
 国師浪人も25%の合格率…。
 いや参ったね。


第78位

 帝京大学医学部  105  105  87  82.9% 

 最下位じゃなかったことに驚かされる。
 まあ留年36人でコレはかなり酷いですけれども。
 凄いよなぁ。どういう教育してるんだろう。
 やる気がなくて頭が良くなくて教育の質が悪くないと毎年ここらへんうろうろできないと思うんですけども。
 来年は本気が見たいなぁ。悪名払拭するにはさ、頑張るしかないと思う。
 悪名高いのに改善が見られないあたり、不思議すぎる。何でなの。本当に。


第79位

 金沢医科大学  126  114  94  82.5% 

 またブービー
 分からんなぁ。
 金沢大学と金沢医科大学の違いって、何。
 金沢医科大学の学生を金沢大学で勉強させても、駄目なのだろうか。
 全く同じ授業しても、駄目なの?
 一度でいい、躍進したところみせて。
 このブログで、褒めさせて。金沢医大一回も褒めてない気がする。



第80位


川崎医科大学  121  105  83  79.0% 


 酷すぎて何もいえない…。


 以上、WORST13でした。

 理想を言えば留年出さず、大量の合格者を出す教育を行っていただきたい。
 そしてその理想は、上位大学は確実に実施できています。

 医者の世界ってのは、結局上の人から継承されていくもので
 知識の集合を、いかに自分のモノにするか、が大事ですし
 それを目の前の患者に反映させるには、それなりの思考力が必要です。

 負の連鎖に陥っている大学は、滋賀とか一度偵察させてもらえばいいと思う。
 なんかこう、学校単位で勘違いしている気がする


第100回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
第100回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
第101回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
第101回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
第102回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
第102回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
第103回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
第103回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
第104回医師国家試験 学校別ランキング 新卒編
第104回医師国家試験 学校別ランキング 総計編
広告
posted by さじ at 04:13 | Comment(11) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
一位金メダル!せめて自分の手で抱きしめて喜びたい激動の時代の一位だ
Posted by みか at 2011年03月22日 09:00
今日の朝私は新聞に目を通し、とてもこんな事書ける心境ではない!!!以前に二度書かない覚悟で、私は正当なる努力の結果に敬意を表しただけだ理解される方は存在する
Posted by みか at 2011年03月22日 10:06
波が激しい大学が多いのは
新卒の場合、落ちる人の殆どは留年生なので、留年生のたまり具合によって合格率が上下するんでしょうね。

卒業試験が早いとこは留年した人が出願しないので、出願数=受験者数でも留年者がゼロって事では無いですよ。
Posted by KEN at 2011年03月23日 03:26
毎年合格率のランキングを楽しみにしています。
ただ、今年のワーストに対するコメントはもうちょっと違う表現があったんじゃないかなと思いました。
Posted by 毎年見ています at 2011年03月27日 22:58
>>毎年みていますさん
反省いたします
Posted by さじ at 2011年03月30日 21:11
ワーストへのこめんとは適切ですよ。
今年の問題の難易度は別に高くもなく、ボーダー自体は相対評価のため例によってかなり低いです。

実際必修以外で落ちた人の成績は偏差値30を切っているのだから、学校単位での猛省が必要だと思います。
Posted by 105回受験生 at 2011年03月30日 22:01
九大はまぁ…そうですね

・基本的に教授は基礎研究に来て欲しいと思ってる
 →一応旧帝大なので、臨床よりも基礎研究を伸ばしたいというスタンスです。ですが学生はみんな臨床志向が極めて強く、せっかく設立したMD-PhDコースは閑古鳥。それでも研究に行かせたいという、教授と学生のアンマッチが凄い

・国家試験の勉強は「放任主義」
 →上記の理由で、教授は国家試験の勉強などさせる気がありません。6年生の国家試験前の大事な時期に基礎研究配属を長期間やっちゃうのです(今の5年生から、3年生でも基礎研究配属があるんだとか。教授陣は何を考えてるんだか…)。他の大学が国試対策の講義をやるのが羨ましいです。

・進級判定が激緩
 →よっぽど教授に嫌われない限り卒業まで難なくたどり着けますし、国家試験に余裕で落ちるレベルの学生でも卒業させて国家試験を受けさせます。その結果爆死者数は多くなるわけで…今の4年生から進級判定が急激に厳しくなったのはいい傾向だとは思います。

・教えるのが総じて下手くそ
 →一部にはすごく熱意があって面白く頭に残る講義をしてくれる教授(法医学の某教授とか)もいるのですが、殆どの教授の指導力は…たまに福大などから招くのですが、ソッチの方が要点を得て分かりやすい講義をしてくれます。

確かに大学受験では日本国内でも有数の秀才揃いな大学ですが、こういった理由で大学に入ってからの「伸び」はあまりなく、結果として他の大学に追い越されるという現実です。放任主義にありながら、自主的に勉強している同級生も少ないですしね…
Posted by 九大の学生 at 2011年04月03日 21:14
追記です

105回の受験生は、学内でもあまり優秀ではないと評判の世代でした。106回と107回の受験生(今の5年と6年)はかなり優秀な世代と評判ですので、来年以降は少なくとも新卒の成績はよくなると思います。まぁ、それよりも若い、いわゆる「理科3科目世代」は教授が嘆くレベルの学力の低さだそうですが…
Posted by 九大の学生 at 2011年04月03日 21:17
九大はマッチングも糞もねえからな
あそこまで進路狭められるときついわ
Posted by   at 2011年04月06日 00:47
帝京川崎金沢医はがけっぷちにいることをしっかり認識していかないとダメですね…

Posted by at 2011年04月11日 02:26
組織的一位は助け合い、謙虚に学んだ成果です。共に良い時だけの友人関係ではない。下位に位置しても、それは登って行く自然に、もう落ちようがないんだから、それも同じ。そう最後に本当にありがとう涙の感謝で瞳が潤む、私は希望を捨てない事にしました
Posted by みか at 2011年04月12日 08:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191875806

この記事へのトラックバック